無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しくても続けられる♡簡単&時短を叶えるお弁当作りのコツ7選

毎日のお弁当作りってやっぱり大変!でも、実はちょっとしたひと工夫でグッと楽になるんです。忙しい現代女性の助けとなる、簡単も時短も叶えるお弁当作りアイデアをご紹介致します。

2017年4月
レシピ

時短・簡単を叶える、お弁当アイデア

自分のためであっても家族のためであっても、ただでさえ忙しい朝のお弁当作りって本当に大変ですよね。

でも、実はちょっとしたひと工夫で、毎日のお弁当作りがグッと楽になるんです。忙しい現代女性の助けとなる、7つのお弁当作りアイデアをご紹介致します。

1.常備菜を作っておく

item.rakuten.co.jp

常備菜を常に用意しておけば、お弁当は詰めるだけでOK!火を使わずに数分でお弁当が用意できるようになります。また、休日などに一度に大量に調理することも時短に繋がります。

お弁当小分け容器

¥ 1,296

作り置きおかずの小分けに便利なシリコン製仕切りカップ。仕切りカップのみ電子レンジ、オーブン、食洗機で使用可能。
カップ大(緑・黄)×各2個、カップ小(紺・白)×各3個の10個セット。

商品詳細
お弁当小分け容器
item.rakuten.co.jp
商品詳細

2.冷凍野菜を活用する

栄養バランスを考えて野菜をたっぷり使いたいものですが、野菜は時期や天候によっては値上がりしてることもありますよね。そこで上手に活用したいのが冷凍野菜です。

ほうれん草、ブロッコリー、枝豆などは自然解凍できるので冷凍のままお弁当に入れることができます。保冷剤代わりにもなって一石二鳥です!

3.炒飯や炊き込みご飯を冷凍

白いご飯や酢飯と同じく、炒飯や炊き込みご飯も冷凍できます。多く作ったら一膳ずつラップに包み、粗熱をとって冷凍しましょう。朝はレンジでチンして解凍し、お弁当箱に入れるだけでOKです!

注意点として、冷凍期間が長くならないように気をつけて下さい(約1ヶ月が目安)。また、炒飯や炊き込みご飯を作る際、傷みが早いもの(魚介類など)は入れないほうが良いでしょう。

4.夜のうちにある程度完成させる

前日の夜のうちに、ある程度お弁当を完成させておくと朝がとても楽ちんです!

記事に関するお問い合わせ