無料の会員登録をすると
お気に入りができます

混ぜて焼くだけ♡フランス生まれのおかずケーキ「ケークサレ」バリエ

フランス生まれのおかずパウンドケーキ、「ケークサレ」。手軽に作れて美味しいうえに見た目が華やか、しかもアレンジし放題ということで根強い人気のメニューです。

2017年4月
レシピ

ケークサレって何?

一言でいうと「塩味のケーキ」です。もう少しわかりやすく言い換えるなら、「甘くないお食事ケーキ」でしょうか。

小松菜ケーキ。
instagram.com

フランスからやってきたケーキで、野菜や肉、魚など好みの食材を塩味ベースの生地に混ぜて焼くだけ、作り方は簡単です。残りモノでも美味しくできるので、冷蔵庫のお掃除にも大活躍!

さらには、ササッと混ぜて焼くだけなのにフォトジェニックな仕上がりになるので、毎日のお食事はもちろん、パーティーメニューにもピッタリですよ。いろんなアレンジもできるので、早速ご紹介していきましょう。

味で勝負!

やっぱり美味しいことが絶対条件。見た目のインパクトを超える美味しさに驚くレシピをご紹介します。

ごろごろタマネギのケークサレ

cookpad.com

あえて大きめにカットした玉ねぎがポイント。シャキッ!トロッ~♡の食感が嬉しい仕上がりに。しっかり火を通してから生地に混ぜるので玉ねぎ本来の甘さを楽しめます。シンプルですが、ハマりますよ。

ゴロゴロ玉ねぎのケーク・サレ!

りんごのケークサレ

www.recipe-blog.jp

お総菜ケーキにリンゴ!?と思うかもしれませんが、チーズとリンゴの相性は抜群です。焼くことでジュワッと甘酸っぱい果汁に包まれるリンゴとチーズの濃厚な風味がたまりません。朝食に合うのはもちろん、ワインにも合うんです♡

赤りんごとチーズのケークサレ

見た目で勝負!

フォトジェニックに仕上がるケークサレ。美味しいことは絶対条件ですが、せっかくなので見た目にもこだわってみましょう!

記事に関するお問い合わせ