無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[白髪染め]30回洗ってもダントツ長持ち! NO.1ヘアカラーはコレでした

ヘアスタイル

老けて見える髪悩みの代表が「白髪」。毎回サロンで染めるとお金がかかるので、自宅でセルフケアしたいですよね。市販の「白髪染め(ヘアカラー)」はたくさんありますが、どれが一番キレイに染まって長持ちするのでしょうか?人気の23製品の中から「全体染めタイプ」と「部分染めタイプ」に分けて検証。おすすめ順にランキングを発表します!

色づきのよさ
A


仕上がりぼよさ
A


色落ちのしにくさ
B

ダリヤ「サロンドプロ カラーオンスプレー」は自然な仕上がりで、色落ちもほぼなし。部分染めとしてはかなり優秀なのですが、スプレーが飛び散りやすく、気をつけないと周囲が汚れてしまう点が残念……!

浴室や汚れ対策を施した場所で使う必要があり、やや手軽さに欠けるということでランキングから外しましたが、上記の通り仕上がりなどは決して悪くありません。

ヘアカラースプレーの部分染めを探している方は、検討の余地ありだと思います。

白髪用の部分染めには、洗髪でカラー用剤が落ちるものの、使うたびに色が定着していくタイプもあります。“チョイ染め”を繰り返すことで白髪が自然に染まっていくので、日々のケアと根本的な染髪が同時にできて一挙両得です。

今回は徐々に染まるタイプの部分染め4製品を集めて「色のつき方」「仕上がり」「色落ち具合」「染まり具合」をチェックして、おすすめ順ランキングを作成しました。

白髪が50%混ざった毛束を用意してテストを行いました。白髪染めを1回だけ塗った場合と、5回重ね塗りした場合の色のつき方をチェック。きちんと染まっているか評価しました。

手ざわりや質感はどうか?白髪染めを塗って5分後の毛束をさわって仕上がりをチェックしました。

コットンの布を使って、摩擦時と水に濡れた時の色落ち具合をチェックしました。

カラーリング剤の塗布と洗髪を3回繰り返し、専用機器で染まり具合をチェックしました。

ダリヤ
サロンドプロ カラーオンリタッチ
ダークブラウン
実勢価格:647円

▼テスト結果

色のつき方
A


仕上がり
A


色落ち具合
A


染まり具合
A

徐々に染まるタイプの部分染めのベストバイはダリヤ「サロンドプロ カラーオンリタッチ」です。マスカラタイプで、アーチ型のブラシが使いやすくて塗りやすさも◎! 生え際の白髪もサッと隠せます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ