無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生きがいが欲しい!本当にやりたいことを見つけるためのヒント6選

寝食を忘れるほど没頭できるような仕事や趣味があれば、人生はもっと充実したものになりそうですよね。しかし、そこまでしてやりたいことってないかも...と思う方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、生きがいを見つけるためのヒントをご紹介します。

2017年4月
ライフスタイル

人生を捧げられるようなことがしたい

人生を輝かせるために必要なのは、何と言っても「生きがい」。自分はこれをするために生きているんだ!と思えるようなことがあれば、どんなに辛いことがあっても充実した日々を送れそうですよね。

とは言え、誰もが簡単に生きがいを見つけられるわけではありません。「今の仕事や続けている趣味も好きだけど、一生を捧げるというほどではないかな...」と思うのは、あなただけではないんです。

しかしそれと同時に、「この歳で見つけられていないんだからもう無理」とあきらめてしまうのはもったいない。何歳になっても、生きがいを見つけることはできますよ。そのためのヒントを早速チェックしてみましょう。

①今まで達成したことを思い出して

今まで経験したことの中で、これは頑張った!と思えることは何ですか?まずは達成感をもう一度味わえるように、それと同じことをしばらく続けてみてください。

仕事や資格などキャリアに役立つようなものだけではなく、趣味のスポーツや手芸など何でも構いません。達成感を味わって自信がつくと、他のことにも挑戦したいと思えるようになりますよ。

②やりたくないことはやらない

やりたいことが分からなければ、やりたくないことを思い浮かべてみましょう。と言っても「何もせずに家でゴロゴロしていたい」ではダメなので、今の生活で一番我慢できないことだけに絞ってみます。

例えば「仕事で無駄なミーティングが多すぎる」「趣味のサークルでの人間関係が煩わしい」など不満に思っていることはありませんか?嫌なことを避けながらやりたいことを絞るのも、1つの方法です。

③5年後は何をしていたい?

5年後は誰とどこに住んで、どんなことをしていたいですか?できるだけ具体的に、5年後の自分を想像してみましょう。あまりに遠い未来だとビジョンが曖昧になってしまうので、5年ぐらいがベターです。

もちろん人生に予想外の出来事はつきものなので、必ずしも全てが実現できているとは限りません。しかし少し未来の自分の姿を思い浮かべてみると、今やりたいことも少しずつ見えてくるんです。

④憧れているのはどんな人?

今憧れているのは、どんな人ですか?ただ素敵だなと思うだけでなく、何故そう思うのかを具体的に考えてみてください。

記事に関するお問い合わせ