無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こんなはずじゃなかった…にならないために 美容室で失敗しない7つのヒント♡

せっかく美容室にいったのに、「なんかイメージと違う…」そう感じた経験は誰にでもありますよね。髪は女の命!こんなはずじゃなかった…いう事態にならないために、美容室で失敗しないためのヒントをご紹介します♡

2017年4月
ヘアスタイル

美容室で失敗したくない!

せっかく美容室にいったのに「なんかイメージと違う…」そう感じた経験は誰にでもあるものです。失敗したあとは、憂鬱な気分になってしまいますよね。

tiful.jp

髪は女性の命。美容室での「こんなはずじゃなかった…」を無くすために、失敗しないためのヒントをご紹介します♡

オーダーにはたっぷり時間をかけて

ヘアサロンで失敗する原因の多くは、美容師さんとのコミュニケーション不足。なりたいイメージを正確に伝えること、髪の状態をプロが見て施術を判断することが大切になるため、オーダーに時間をかけることが大切です。

自分のイメージを人と共有するのは意外と難しいもの。中途半端なイメージを伝えて「あとはいい感じにして下さい」なんて”お任せオーダー”は失敗を招きやすいので注意が必要です。

見本は2つ以上を見比べるべし

ヘアスタイルをオーダーするときにヘアカタログを利用する人も多いと思います。その際には、一つの写真だけを見せるのではなく、いくつかの写真を見比べられるように用意するのがおススメです。

写真を見比べながら話せば、美容師さんに自分がなりたいイメージを細かい部分まで伝えることができますし、求める完成形の雰囲気を想像ではなく、目で見て共有することができます。

同じように見えるスタイルでも、髪質やカラー、モデルの骨格、ヘアカットのラインなどによって仕上がりが異なるものです。また、どんなにヘアスタイルがステキでも、自分に似合ってなければ、それもまた失敗だと感じてしまうでしょう。

自分のなりたいイメージになるためにはプロのアドバイスはとても大切です。コミュニケーションを十分にとることで、美容師さんとの信頼感も高まります。コミュニケーションこそ失敗を減らすコツとも言えます。

記事に関するお問い合わせ