無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実はみんな計算ずく♡「こなれて見えるヘアアレンジ」4つの共通点

ヘアスタイル

素敵ヘアの人が実践している共通ルールとは

オシャレで憧れる無造作へア。このスタイリングは、ササッと無造作に作っているわけではなく、実はみんな計算ずくなのをご存じですか?

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

明日から実践できるこなれて見えるヘアアレンジの共通点を4つご紹介いたします。

①自分がやりやすい定番アレンジを知ってる

ヘアアレンジをすると必ずと言っていいほど行う「ゴム隠し」「毛束ほぐし」「ピン打ち」。このやり方は人それぞれだけど、オシャレな人は自分流のやりやすい方法でマスターしています。

今回は何パターンかご紹介しますので、自分にピッタリくるアレンジを習得してみてくださいね。

ゴム隠しは3パターン

ご紹介するゴム隠しの3パターンは、ゴム2本でできる簡単な方法(結んだら毛束を細く取って巻き付けて、巻き付けた部分をまたゴムで結ぶという方法)からアレンジスティックを使うものまで様々。

instagram.com

アレンジスティックを使うものはスティックを結び目に差してスティックを抜けば完成。ゴム1本で完成するゴム隠しは、毛束を結んだあとゴムをそのまま持って巻き付けた毛束を入れこむという方法です。

毛束ほぐしはほぐす毛量や位置を工夫

instagram.com

毛束ほぐしの毛は10本ぐらいつまむイメージが理想的。結び目をしっかりおさえることでキュッとまとまりが出るんです。右と左で見比べてみてください。ちょっとしたことですが、仕上がりが違うのがわかりますか?

こちらは、さきほどよりも大きくほぐしているのがわかりますか?また結び目の下の部分までほぐしていて、より無造作感が出るスタイリングになります。

こちらはサイドの後れ毛は最初から出しています。結ぶときは少し上を向き、毛束ほぐしは特にトップ部分を多めに出すことで頭の形が綺麗に見えます。ざっくりと両手で行っていて時間のない日もできそうなやり方です。

記事に関するお問い合わせ