無料の会員登録をすると
お気に入りができます

モテる女性は服装やメイク、仕草? 男性が意外に見ている「礼儀作法7か条」

男性をはじめ人と接するときに気をつけたいのが「礼儀」。言葉遣いや態度などの礼儀は、いろいろな面で相手への敬意を表すために必要なことでもあり、人に好感をもってもらうためにも大切なもの。今回は、女性を見て「礼儀正しい人だな」と感じるポイントについてまとめてみました。

2017年4月
恋愛・結婚

特に、自分より年下の相手の場合、つい気が緩んでラフな口調で話してしまうこともあるかと思いますが、相手によっては「馴れ馴れしい」と感じられて印象が悪くなってしまう恐れもあるので注意しましょう。

3. 誰とでも分け隔てなく接する

忙しいと自分のことで精一杯で周りを見る余裕なんてない時もありますよね。しかし、年齢を重ねていくと、それらの経験が活かされ、精神的な余裕が徐々に生まれてきます。

あなたが新人の時、親身に相談に乗ってくれる先輩はいませんでしたか?身の回りの人に対して平等に優しい態度で接することのできる人は、包容力や頼もしさが感じられ自然とイメージアップにつながります。

4. いつも笑顔で明るく対応する

たとえ美人でも常に無表情で話しかけにくい人が「ステキな女性」と思ってもらえる確率は低いでしょう。第一印象はイメージを大きく左右するので、笑顔で明るい女性の方が魅力的にうつるのは言うまでもありません。

出会いを求める際は、できるだけ嫌な気分を切り替え気持ちを明るくし、ニッコリ笑顔を心がけることが大切です。誰にでも明るい印象を与えることができれば、あなたに興味を持つ男性が増えるはず。

5. 脱いだ靴はきちんと揃える

デートなどでお座敷のある場所や人の家にお邪魔したときなど、靴を脱ぐ機会もありますよね。その時、脱いだ後にきちんと揃えるかどうかで、その人の礼儀正しさがわかってしまいます。

また、靴の脱ぎ方は小さい頃からのしつけで癖になっているかどうかも見極められます。靴の正しい脱ぎ方は、女性として知っていて欲しいマナーの一つでもあるので、この際に習得しておきましょう。

6. 見た目が派手すぎない

いくら言動が丁寧だとしても、見た目が派手だと相手にどうしてもマイナスな印象を持たれてしまいがち。礼儀正しい女性と男性に思ってもらうには、見た目が控えめで清楚な印象を持ってもらうことも大切です。

7. 挨拶や返事がハキハキしている

「人に会ったときには挨拶をする」のは基本中の基本。会社でも朝や帰り際にすれちがった人にきちんと「おはようございます」「お疲れ様でした」の挨拶はできていますか?

記事に関するお問い合わせ