無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長く使い続けたいカトラリー&器ブランド6選。益子の器から、台湾の民芸品まで。

インテリア

ブランディングディレクターとして活躍する福田晴美さん。そんな福田さんが愛用する、使うほどに生活になじみ愛着が湧いてくる器やカトラリーをご紹介します。6月27日(土)発売「2020年の今こそ取り寄せたいもの。」よりお届け。

5.取手付きせいろが食卓をごきげんに。〈青春商店〉

台湾の人気セレクトショップ〈你好我好〉のオーナー・青木由香さんと福田さんのユニットが実現。「第一弾で販売したせいろは、以前台湾の迪化街で見つけてすごく気に入ったもの。青木さんが作り手さんを探してくれて商品化できることに。〈茶空〉で販売したらすごく反響があってあわてて追加発注しました」。取手付き二段せいろ5,800円(税込)。
■03-6434-9675(SAKUU 茶空)

■sakuu39.stores.jp

sakuu39.stores.jp

6.ユーモアセンスがひかる調味料壺。〈AMETSUCHI〉

京都の作家・芦田尚美さんが作る“AMETSUCHIシリーズ”の調味料壺はシンプルななかに遊び心が。「芦田さんの器はふれたときに自然に手になじむ感じが好きです。女性誌の連載で京都の工房に伺ったときに思わず手に取ったのが魚醤、梅干と書かれた壺。我が家の棚でもひときわ存在感を放っています」。調味料壺“魚醤”“梅干し”4,500円〜。
■075-755-9685

■ametsuchi.katalok.ooo/ja

ametsuchi.katalok.ooo/ja

Navigator…福田春美(ふくだ・はるみ)

ブランディングディレクター。ライフスタイルにまつわる商品のブランディングなどを手がける。ディレクターを務める〈SAKUU 茶空〉もオープン。
※掲載の商品は売り切れている場合があります。また、営業スタイルは通常時と異なる場合があります。
(Hanako1186号掲載/photo:Norio Kidera text:Keiko Kodera)

2020年の今こそ取り寄せたいもの。

amazon.co.jpで購入
楽天ブックスで購入
マガジンハウスShopで購入送料 無料
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ