無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暑さ対策はどうする?2020年夏の節電で、注意したいこと

ライフスタイル

2020年の夏は、新型コロナウィルス感染症が拡がってから、初めての夏になります。換気が必要といわれている感染症予防をしながら、夏の節電はどのようにしたら良いのでしょうか。コロナ禍でできる夏の節電について考えてみたいと思います。

水で濡らして巻くと冷感度が増す素材でできている桐灰の「首もと氷ベルト」

また最近では、市販のひんやり系のグッズも豊富です。

例えば、こちらの桐灰の「首もと氷ベルト」は、水で濡らすことによって冷感度が増す素材でできていて、巻くだけでもひんやりするのですが、更に凍らせた保冷剤を入れられるようになっています。首元のように太い血管が通っている箇所を集中的に冷やすことで、血液が冷えやすくなるといわれているので、家の中でもこのようなひんやりグッズを利用するのもおすすめです。

熱中症や感染症に気をつけながら、無理なく節電をしていくようにしたいですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ