無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どもがいつもご飯を残すのでブチ切れ!みんなは子どもがご飯を残しても怒らない?

子育て

みなさんの子どもは、ご飯をきちんと食べますか? それとも食べる量が少なかったり偏食したりなどがありますか? あるママさんは、6歳と3歳の子どもがご飯を残すことでブチ切れてしまったと相談しています。

『残すことわかっていたら少なめに出す。末っ子が偏食で、ほぼご飯おかずを食べないときもある。そういうときは無理にあげてない。だけど4歳になった今「ご飯だけは食べてね」、「あとこのくらいは食べてね」と言うと食べたりする。小さい頃から野菜はほぼ食べなかったけど、最近やっとほんの少しだけ食べるようになった』
『その年齢のときは「残すな」って言っていたよ。けれど食べ切れる量を入れていた。おかわりする分にはいいわけだし』
『大皿で料理を出して取った分は食べないと怒る。「食べられる分だけ取りなさい」と』

お皿に少なめに盛っておき、足りなければお代わりにするのであれば問題ありませんよね。おかわりをせずに残ってしまった食材は、翌日のお弁当に入れたり保存しておいたりと使い道はあるはず。もしくは大皿で料理を用意して、子どもたちに自分が食べられる量をあらかじめ決めさせるという手段もあるのではないでしょうか。

ママのイライラは食事をつまらないものにしてしまう

『イライラする気持ちはわかるけれど、イライラしている人がいる食卓でのご飯は、より一層食欲をなくすよ。「おいしいよー! 強くなるよー(可愛くなるよー)! すごーい! やったね! 食べられたじゃーん! イェーイ! はい、じゃあコレはー? がんばれー!」ってめっちゃ上げて食べさせていた』
『大人に「食べろ、食べろ」って強要され過ぎると、食事が苦痛になることあるから気を付けて。イライラしないであげて』

食事が原因でママさんが怒ると、子どもは「食事=ママが怒る」と認識してしまうこともあります。嫌な気持ちで食べるご飯は全然美味しくないし、つまらないものですよね。子どもを叱ることも大切ですが、まずは“どうしたら叱らないですむか”を考えることも大事なのではないでしょうか。

文・物江窓香 編集・千永美

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ