無料の会員登録をすると
お気に入りができます

7/17は人生を変えるイベントが…!? 7月の「お金カレンダー」大公開!

占い

コロナ以前の日常が戻りつつある今日この頃ですが、まだ油断はできません。そんななか、金運が気になる……という人も多いのではないでしょうか。今回は、占い師の五十六謀星もっちぃ先生に、月と金星の動きを中心とした西洋占星術の着眼点と、暦注などの東洋の哲学、言い伝えなどをミックスしたハイブリッドな視点で作成した「お金カレンダー」を元に、2020年7月全体の金運をご紹介いただきます。

アルデバランとは、誠実に自分の役割を貫くことで、大きな成功をもたらすとされている天体です。アルデバランはおうし座の左目に位置する一等星です。おうし座を支配しているのは他ならぬ金星であり、ともに金運向上という意味を持っています。

おまけに一粒万倍日が重なるこの日は、最強の種まき日和といえます。特に、人からの尊敬を集めて、それを富に変える力が強くなります。

このタイミングで誰かのために善行を積むことで、今後の人生を左右するような大きなチャンスをつかむことができるかもしれません。

従来型の仕事ではなく、自分自身のやりたいことを副業として形にしたいと思っている方にも、この天体は強力な後押しをしてくれるでしょう。

21日の新月は、6月の新月の再来

最強の金運への祈りのチャンスをもたらしてくれた6月21日の新月に続き、7月も同じかに座で新月を迎えます。

月は、かに座にいるときにもっともパワーを発揮しやすいとされています。同じ星座で2度新月が起こること自体が珍しいイベントである上に、それがかに座で起こるわけですから、やはりパワーは強力です。

各種の吉が重なった6月の方が、総合的には強力でした。しかし、6月に祈りそびれた人も、祈りの効果をすでに得た人も、今月改めて「おかわり」のお祈りをしてみると良いでしょう。

また、この日はいわゆる「土用の丑の日」です。ウナギなどの精のつく食べ物を食べると良いとされています。今年は、デザートでも構いませんので、月のように丸いものを食べることで、新しい収入源が広がる可能性があります。

26日は今月最後の買い物日和

上弦の月を直前に迎えた26日は、7月後半では唯一のお買い物日和としてお勧めしたい日です。生活に必要なものはもちろん、様々な物品の購入に向いています。

特に、家の中を彩る家具や家電などの購入を考えている人は、この日がいいでしょう。上弦の月である翌日27日に発送される品物を、ネットで購入するのも良いでしょう。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

HP:https://motty56.com/

https://motty56.com/

©ShotPrime/gettyimages
©AaronAmat/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ