無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今ならお得な割引も!産地直送の国産お取り寄せグルメ4選

グルメ

コロナ禍で真っ先に支援を求めたのが全国の生産者たちだった。作り手から直接買える気持ちよさ、新鮮な食材が手に入るうれしさはこの期間に改めて気づかされた豊かさだ。そこで今回は、全国の農家からお取り寄せしたいおすすめの肉やおやつをご紹介します。6月27日(土)発売『2020年の今こそ取り寄せたいもの。』よりお届け。

羊蹄山を望むニセコの大地で伸び伸び育った牛たちの恵み。のむヨーグルトやチーズなど、商品の組み合わせはさまざまで、ギフトセットS4,800円は中身のバラエティ豊か。注文は〈ニセコ高橋牧場〉のサイトから。
北海道の食を通販して旅気分を味わう。〈札幌商工会議所〉
札幌商工会議所が運営するウェブサイト「新型コロナ経済対策掲示板緊急在庫処分SOS!」では、北海道の食の魅力である乳製品、農産物、水産物など数多くの生産者を紹介。注文する際は、ここに掲載されているアドレスから直接お店へ連絡を。夏の北海道旅行の代わりに、おうちで旅気分を味わってみて。(011-231-1332 飲食料品関係)

■〈ニセコ高橋牧場〉:niseko-takahashi.jp/milkkobo/netshop

niseko-takahashi.jp/milkkobo/netshop

■〈札幌商工会議所〉:www.sos-sapporo-cci.org

www.sos-sapporo-cci.org

生産者とつながる、おうちでマルシェを体験。

全国の小中高校への臨時休校要請や緊急事態宣言が出されると、余剰生産物への支援を求める声が出始めた。一方、ステイホームの私たちは買い物に出かけるのも一苦労。お取り寄せの素晴らしさを再認識しているところだった。
自治体のホームページを覗いてみると、コロナの影響を受け困っている生産者の現実があった。物産展が人気の博多ではウェブ上で物産展を開催。札幌商工会議所のページでは、過剰な在庫を抱えていたり売り上げが低迷したりしている生産者のウェブサイトがまとめられている。購入などのステップは生産者に直接連絡するのも特徴的だ。これは産直サイト「ポケットマルシェ」でも同様。生産者が直接出品したものだから彼らの思いを受け取れるし、新鮮な状態で届けられるのが何よりうれしい。全国各地の生産者が、消費者と近い存在になったといえそうだ。通販以外には、ふるさと納税も支援の手段。新しい暮らしの中で、頼りにしたい生産者がたくさんいる。
※価格は全て税込、送料別です。
(Hanako1186号掲載/photo:Natsumi Kakuto text:Kahoko Nishimura)

2020年の今こそ取り寄せたいもの。

amazon.co.jpで購入
楽天ブックスで購入
マガジンハウスShopで購入送料 無料
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ