無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今ある服を120%活かす♡この春“新しい私”に出会えるプラスアイテム

今のワードローブを軸に、ちょっぴり冒険なアイテムを追加して新しい着こなしにチャレンジ!新鮮な私に出会えるコーデをご紹介いたします。

2017年4月
ファッション

同じ系統のアイテムばかり選んでませんか?

自分らしさは大切だけど、いつものテイストのいつものスタイルでは、マンネリ化してしまう...。

Pin it
ピンもと: theyallhateus.com
21
146

今回は、いつもの組合わせはそのままに、印象激変アイテムを1点投入した「振り幅大な着回し」を“カジュアル派さん”と“きれいめ派さん”それぞれのタイプ別にご紹介いたします。

カジュアルベーシックタイプが足すべき5選

動きやすくベーシックなアイテムが多いカジュアル派さん。来年も着られるという安定感もあるけれど、ちょっぴり女性らしさが足りない気も。そんなワードローブにプラスしたいアイテムを5つご紹介いたします。

①キャミ投入で色気をプラス

Media?size=l
instagram.com

今年もお出かけできるキャミトップスが豊富。のんびりゆるっとが気分の日は、キャミで女っぷりを上げるのが正解。下着チックなテロテロ&ツヤツヤな素材を選ばないのがコツです。

②カラーヒールパンプスでグンと女っぽい

Media?size=l
instagram.com

たまにオシャレして出かけたい日は、ヒールパンプスでドレスアップ。いつものデニムをリッチに見せる主役級のカラーパンプスなら、スニーカーに慣れた足元がドラマティックに変化します。

③小花柄シャツ投入で程よくキュート

Media?size=l
instagram.com

ヴィンテージテイストの小花柄はちょっぴり懐かしい雰囲気。普段は着ない柄物に挑戦するときも、いつものデニムなら挑戦しやすいですね。

④トラッドジャケット投入できちんと感倍増

Media?size=l
instagram.com

きちんとしたシーンだと自分らしさが発揮できないと感じているカジュアル派さんは多いはず。そんな時はきちんと感のあるトラッドジャケット投入がおすすめです。真面目過ぎない個性が出せて◎。

⑤ヴィンテージバッグ投入で都会的に

Media?size=l
instagram.com

カジュアルなワタシは「キャンバストートが相棒」という人こそ、レザーのきれいめバッグを手に取ってみませんか?特にヴィンテージのブランドバッグを合わせると素敵。着こなしがグンと都会的に見えます。

きちんと&きれいめタイプが足すべき5選

きちんと感のあるきれいめなワードローブ中心のきれいめ派さんは、いつも同じトーンやテイストになってしまいがち。遊び心のあるアイテム5つを投入してオシャレの壁を打ち破ってませんか?

①ボーイズデニム投入できれいめカジュアル

Media?size=l
instagram.com

オシャレに差が付くデニム。そこまでデニムにこだわりのないきれいめ派さんも今季は更新がオススメ。きれいめパンツ感覚で履けるダメージのない濃紺デニムなら、旬のデニムスタイルも楽勝!

②古着風ロゴTシャツ投入で程よいラフ感

ライダースジャケットにはスカート合わせが鉄板のきれいめスタイル。

Media?size=l
instagram.com

そこで洗練度を上げたいなら、着古したような風合いのロゴTやロックTにクリーンな白パンツがおすすめです。ライダースジャケットと色を揃えることでスッと馴染みます。

③スポーティスニーカーでハツラツ度UP

Media?size=l
instagram.com

きれいめ派さんなら1枚は持っているであろうミディ丈のフレアスカート。新鮮に着こなしたいなら、ちょっぴりスポーティすぎるくらいのスニーカーがベストマッチ。スカートでも軽快な足元で疲れ知らずに♡

④リネン素材投入でリラックスムード満点

とろみ素材やレースに逃げがちなきれいめ派さん。今季はリネンが大豊作なんです!

Dummy error 300x300
instagram.com

きれいめ派さんでもOKなちょい甘デザインが豊富でお手持ちのワードローブに馴染みます。リネンの持つさらっとした風合いがリラックスムードを高めてくれます。

⑤ゴツ目のシルバー小物投入で程よく辛口

Media?size=l
instagram.com

きちんとした着こなしに飽き飽きしたなら、華奢なアクセサリーを全部やめて、ちょっぴり重厚感を感じられるシルバーアクセサリーをプラスしてみてはいかがでしょうか?品をキープしつつも程よくモードになれます。

いつもの組み合わせを残しつつ新しい私発見

「女っぽいスカートの日はヒールパンプスを合わせなきゃ」…そんな「こうして着たら安心」と無意識に決め込んでいるオシャレのルールを時には振りほどいてオシャレのワードローブをもっと広げてみませんか?

Media?size=l
instagram.com

オシャレに停滞期を感じているなら実践してみたくなる実用的なものばかり!今ある着こなしを軸に新しい組み合わせで、オシャレをもっと楽しんでみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ