無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生活感をOFF「インターホンカバー」DIYで統一感のある部屋にチェンジ

部屋のインテリアはお気に入りでそろえたのに、なぜか生活感を感じる場所はありませんか?例えば、備え付けの「インターホン」も生活感が漂うクセ者なのでは。動かせないものはカバーを付けて存在を隠してしまう方法もあります。そこで今回はカバーの作り方とアイディアをご紹介します!

2017年6月
DIY

生活感が漂うクセ者の「インターホン」

カバーを付けてカモフラージュさせてみよう♡

お気に入りのインテリアをそろえて置いてあるはずなのに、なんだかしっくりこないと感じることはありませんか?それはもしかすると、生活感を感じる部分があるからなのかも。

Media?size=l
instagram.com

備え付けの「インターホン」も、生活感を感じさせているモノではないでしょうか?そこで思いきってカバーで隠してみるのも一つの工夫です。

今回は「インターホンカバー」の作り方といろいろなカバーデザインをご紹介します!部屋の雰囲気に合わせて作ってみましょう。

「インターホンカバー」を作ってみよう♡

ヴィンテージラジオ風カバー

箱作りから始めるのも楽しいですが、きちんと寸法を測る、道具を使って圧着などちょっとコツがいります。

instagram.com

そこでDIY初心者さんにもおすすめなのが、木箱を応用して作る方法です。今回は、コンテナを使ったインターホンカバーの作り方をご紹介します。

形や色合い、ツマミのボタンなどヴィンテージ家電は深みと味がありますよね。木製のコンテナ、リメイクシート、焼き網などを使うとこんな「ヴィンテージラジオ風」のカバーを作ることができるんです!

<用意するもの>

①木製コンテナM 長さ29cm×深さ9cm×幅18cm / 1個(3COINS)
②角棒 910mm×9mm×9mm / 2本(DAISO)
③合板 45cm×30cm / 1枚(Seria)
④やきあみ卓上ミニコンロ用 15cm×15cm角型 / 1枚(DAISO)
⑤ダンボール / コンテの大きさ分+少量
⑥スチール針金  0.7mm×40m / 15cmを4本(DAISO)
⑦転写ステッカー モダン / 4柄アソート / 1枚(DAISO)
⑧アクリルスプレー油性NO.30 ブラック ツヤ消し / 1本(DAISO)
⑨リメイクシート デニム 45cm×90cm / 1シート(DAISO)
⑩リメイクシート 木目調・アイボリー 30cm×60cm / 1シート(DAISO)
⑪薄口丁番 H-217 32mm / 2個(ホームセンター)
⑫アーチ型留め金 古色仕上げ / 1個(Seria)
⑬コードフックS 粘着テープ式 Small / 4個(DAISO)
⑭ミニステー19mm×24mm 4P 古色仕上げ / 2個or4個(Seria)
⑮クリアボビン / 3個(DAISO)
⑯多目的EVAクッション直径3cm×厚さ1cm / 2個(DAISO)

①のこぎり
②ヤスリ
③ペンチ
④下穴あけ専用ツール(丸きりとドライバーなどでも代用できます)
⑤はさみ
⑥カッター
⑦えんぴつ
⑧白ペン(シグノ エンジェリックカラーACホワイト)
⑨軽作業用手袋(軍手などでも代用できます)
⑩ビニール手袋
⑪定規
⑫マスキングテープ(仮止め用)
⑬木工用接着剤
⑭マスク
⑮ビニール袋

動画で作り方を見てみましょう

※動画再生時に音がでます

コンテナの柱をカットすると、あっという間に2つの箱が出来上がります。ペイントの代わりにリメイクシートを使うと、時間の短縮もできますよ。こちらの動画を参考にしてみてくださいね。

「金具」の取り付け方を動画で見てみましょう

木工雑貨の留めるパーツとして必需品の「蝶番、留め金具、ステー」。今回は、この3つの取り付け方を動画でご紹介します。手順がわかると、いろいろな雑貨作りにチャレンジしてみたくなりますよ。

素材、材料、リメイクシート寸法表

アイディアいっぱい♡カバーデザイン8選

ここからは、カバーデザインをご紹介します。素材やペイントのひと工夫で、「自分らしい味」のあるモノ作りができるのもDIYの面白さです。カバー作りのヒントを見つけてみてくださいね。

①シンプルでナチュラルに

Media?size=l
instagram.com

まるで「小さいドア」のようなこちらのカバーは、木のぬくもりを生かした優しい雰囲気。ナチュラルなインテリアを楽しみたい方におすすめのデザインです。材料のほとんどが100均のものだそうです。

②ウォール・デコレーション風に

Media?size=l
instagram.com

こちらも100均の木材、取っ手、塗料でウォール・デコレーション風に上手にアレンジされています。ペイントはムラ感を出して、アンティーク調に。扉はフォトフレームなので、イラストを変えて楽しめるところも◎

③ヴィンテージ感のブルックリンテイストに

ヴィンテージなもの×レンガなどを組み合わせて、お部屋をコーディネートする「NYブルックリンスタイル」。

Media?size=l
instagram.com

こちらのお部屋は、端材×セリアのワイヤーメッシュを使ってブルックリンテイストに仕上げたデザインです。ヴィンテージ調の壁紙とデザインをリンクさせると、海外テイストのお部屋の雰囲気も増しますね。

④シャビーシックな窓枠風

使いこまれたような色合いと、クラシカルな雰囲気を兼ね備えたインテリア「シャビーシック」。

Media?size=l
instagram.com

100均の木製格子枠、木材、蝶番、くるみボタンを使って窓枠風のカバーを作られたそうです。お部屋の雰囲気に合わせてホワイトでペイントをすると、シャビーシックな仕上りになりますね。

⑤カフェ風デコレーション

Media?size=l
instagram.com

扉に小物が置けるくらいの奥行きを付けてみましょう。そこへミニチュア小物をプラスすると、カフェ風のかわいいカバーデザインに。ホワイトを基調にすることで、小物とも馴染みやすく相性もバッチリです。

⑥100均のすのこ×板材を活用してカッコよく

Media?size=l
instagram.com

100均のすのこ×板材で作られたこちらのカバーは、木の味わいを生かした「大人のカッコよさ」が漂うデザイン。ヴィンテージ風の色合いも雰囲気があります。棚付きのカバーにアレンジすると、楽しみ方も2倍に。

⑦ヴィンテージの電話風

Media?size=l
instagram.com

こちらはヴィンテージの電話風にアレンジしたカバーデザインです。コルクや金具など異素材を加えると、立体感も生まれ見た目もかわいい仕上りに。ハンドメイドの温かみも感じられますね。

⑧レトロなテレビ風

DIYが楽しくなってきたら、次は箱から作ってみましょう。こちらは、レトロなテレビ風のカバーデザインです。材料はほとんど100均のもので大丈夫です。スチール製の雑貨を加えることで、リアリティも増します。

箱物は圧着がポイントとなります。そのためクランプ(写真下)などの締める道具を使うのがおすすめです。傾きがなく、しっかりと接着剤で留めることができます。

「レトロなテレビ風」の作り方

統一感も生まれるので暮らしも楽しくなる♡

ただ隠すだけではなく、部屋のテイストを心に留めて作ってみましょう。そうすることで、自然と溶け込むはずです。

instagram.com

好きなものに囲まれた空間だとリラックスできたり、気分も上がったりしますよね。まずは100均の材料で試してみるのもおすすめです♡

「レコードプレイヤー風」の作り方
記事に関するお問い合わせ