無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「オーラのある人」って?恋愛も仕事も呼び寄せる人間力の鍛え方

不思議なくらい「幸せオーラ」を放っている人っていますよね。そんな幸せオーラをまといたい方も多いはず。あなたも、恋愛や仕事を呼び寄せるオーラのある人を目指しませんか。

2017年5月
ライフスタイル

恋愛も仕事も輝いていたい

恋愛も仕事も上手くいっている人は幸せなオーラを放っていますよね。幸せオーラを放てる人は、ほんの少しの人だけと思っていませんか。実は幸せオーラはだれにでも身につけることができるんです♡

Pin it
ピンもと: depoisdosquinze.com
27
114

オーラを放つために必要なことは人間力です。さっそく人間力をつけて、恋愛も仕事も引き寄せる幸せオーラをまといましょう。

「いい女.bot」に学ぶ!いつでも輝く女性でいるために覚えておきたい7つの言葉

輝く女性に憧れて奮闘している女性は多いもの。でも、時に人生の迷子になっていませんか?「私って大丈夫?」なんて思ったら「いい女.bot」を見て勇気を貰いましょう!素敵な言葉たちが、女性として生きるための後押しをしてくれますよ♡
2695

輝く人はココが違う♡素敵女子になれる8つの愛されルール

輝いていて愛される女性が世の中にはいますよね!そんな人になりたいと思いつつも、なれないでいる人はこの8つのルールの何かが欠けているのかも。誰でも簡単に素敵女子になれる秘訣をご紹介します。
4291

食事は成し遂げるための資本

健康的な心身は食事で作る

オーラを放つ人は食事の時間を大切にし、良く噛み、自分の体と対話しながら必要な栄養を摂り入れてます。何をやるにも心身の健康が大切で、食が健康を作り上げ、人生を作り上げると知っています。

部屋をキレイにする

部屋のキレイがすっきりした思考に繋がる

必要な時に物が見つからない!といった経験をしたことはないでしょうか?オーラを放つ人は、部屋の汚さからくるイライラを、部屋をキレイにすることで取り除いています。

Pin it
ピンもと: immyandindi.com.au
2
3991

物がなくならない部屋は仕事もスムーズにいきやすく、目標が叶いやすい習慣を作ってくれます。部屋のキレイで人生が変わるといっても過言ではないのですよ。

運動は週1〜2で取り入れる

運動はストレスに強い心身を作ってくれるものです。ストレスを溜めている方は、自然とマイナスオーラを放つようになります。

そんなことがないように、運動でリフレッシュしましょう。仕事が忙しい人は、簡単なヨガを取り入れるようにしましょう。

惜しみなく人に自分の技術を伝える

オーラのある人は、教え方が上手い人が多いです。自分が持っている技術を惜しみなく伝えるスタンスなので、教え方がどんどん上手くなり、人に尊敬されるようになります。

惜しみなく伝えてるとライバルが増えるのでは?と考えてしまいがちですが、教えるという技術もやらなければ手に入りません。技術もあり、教え方も上手い方は秀でたオーラを放つようになります。

ライバルは他人じゃなく自分

自分が欲しいものは自分次第

趣味や仕事でもライバルと闘わなければいけないと考えると辛くなり、やめたくなります。オーラを持っている人は常に“自分がやるかやらないか”で人生が決まると思っている人が多いです。

Pin it
ピンもと: fleurs.com.au
83

また他人の評価も気にしないため、色々なことを吸収し成功しやすい傾向にあります。

自分の人生を人に委ねない

恋愛の相手は自分で決めた人

恋愛も上手くいくオーラのある人は、付き合って悪いことが起きたとしても彼のせいにせず、自分で責任をとります。

彼についていくと決めた自分を大切にし、相手を信じ抜くからこそ素敵な恋愛が出来るのでしょう。

理念を持つ

理念は会社経営をしているような人が持つイメージがあるかもしれませんが、理念を持って生きることで自分の目標にブレが生じにくくなります。将来の目標がある人は、なぜそれを目指しているのかをはっきりさせましょう。

理念があると、悩んだ時に諦めることをせず、解決する方に自分で動けるようになりますよ。オーラのある人は常に理念を持って生きています。

人間力をつければ輝ける!

人間力を身につければ、おのずとオーラが湧き出てきます。あなたの人生を輝かせるために、ぜひオーラをまとって生きませんか。

ガールから、レディへ。大人の女性へのステップアップに必要な4つのこと

20代後半に差し掛かったらそろそろ“女の子”から“レディ”への転換期!気品と優雅さ、そして何より女性としての華やかな魅力溢れたレディにステップアップするために押さえておきたいポイントをまとめてご紹介します。
1098
記事に関するお問い合わせ