無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手作りには見えないクオリティ♡粘土で作るお花が豪華&キュート

粘土を使って、お花のパーツを作ってみませんか?ひとまとめにして花束にしたり、チェーンと繋いでアクセサリーにしたりと、クオリティの高いアレンジを楽しむことができるんです。ギフトにもぴったりですよ♡

2017年4月
DIY

粘土でお花をDIY

粘土を使ってDIYをするのなら、作業を楽しむだけではなく実際に使えるものを作りたいですよね。そんなときにおすすめなのが、繊細なお花のパーツ。いくつか作っておくと、様々なアレンジを楽しめるんです♡

Pin it
ピンもと: etsy.com
4

まず最初に、基本的なお花の作り方をご紹介します。どの粘土でもOKですが、オーブン粘土の場合はパッケージに書いてある通りの温度と時間で焼いてくださいね。

お花作りにチャレンジ!

アクセ作りに欠かせないバラ

Pin it
ピンもと: etsy.com
21
110

バラの形は複雑そうに見えますが、平らにした粘土を1枚ずつ貼りつけるだけで作ることができるんです。サイズはお好みですが、小さいと作業しにくいので最初は大きめに作ることをおすすめします。

丸めた粘土を6等分にして、1つずつ手で広げます。0:40~のようにまずは1つ目を丸めて芯を作り、残りの粘土を貼りつけていきましょう。このとき先端を少し外側に曲げるのが、お花らしい形を作るコツです。

全ての粘土を貼りつけたら、オーブンで焼くか自然乾燥させて固めます。粘土用の艶出し剤かネイル用トップコートを塗ると、さらに高級感が出ますよ。

本物そっくりのあじさい作り

Media?size=l
instagram.com

粘土で作ったあじさいは、まるで本物のような繊細さが魅力です。まとめて飾れば豪華に見えるので、ギフトにしても喜ばれますよ。

少量の赤と青を白の粘土と混ぜて、紫色にします。縦長の雫型にしたら先端をハサミでカットし、少し広げてから0:30~のように爪楊枝で花びらを平らにしていきましょう。中心には小さな丸を乗せておきます。

余分な部分をねじりながらカットすれば、あじさいのできあがり。そのまま乾燥させましょう。1:25~のようにワイヤーと接着剤、緑のテープで茎を作っておけば、さらにアレンジしやすくなりますよ。

グラデーションでさらに本格的な仕上がりに

後からアクリル絵の具でペイントしてもOKですが、粘土そのものをグラデーションにしておくとより自然に仕上がります。動画ではパスタマシーンで粘土を伸ばしていますが、もちろん麺棒でも同じようにできますよ。

2色の粘土を合わせて正方形にしてから、麺棒で平らにします。半分に折って、もう一度伸ばしましょう。綺麗なグラデーションになるまで、この作業を繰り返してくださいね。

粘土のお花をアレンジ♡

コーデに合わせやすいシンプルピアス

Pin it
ピンもと: etsy.com
1
2

耳元をさり気なく可愛く見せてくれる、シンプルなピアス。コーデに合わせやすいので、1つ作っておくと重宝しますよ。

キャンドルホルダーをロマンチックに

Pin it
ピンもと: folksy.com
4

市販のキャンドルホルダーにバラの花を付ければ、ロマンチックなアイテムに変身します。お花だけでなく葉も粘土で作っておくと、さらにクオリティが高くなりますよ。

どこにでもあるアイテムが変身!

お花を付けるだけで、普通のクリップが高見え!同じようにヘアピンに付けても可愛いですよ。

パールを入れるとゴージャス♡

あじさいをもう少しエレガントにしたいときは、中心に粘土ではなくフェイクパールを入れてみましょう。茎部分をひとまとめにすれば、豪華なブーケのできあがりです。

お店に売っていそうなピアスに!

ピアスフックとTピン、丸カンがあれば、お洒落なバラモチーフのピアスも自分で作ることができます。1つのパーツにつき、12個のバラを作っておいてくださいね。

丸めた粘土にTピンを挿し込み、接着剤をたっぷり塗ってバラの花を1つずつ付けます。さらに緑の粘土で作った葉も間に入れて、乾燥させるかオーブンで焼きましょう。

初夏の日差しに映えるネックレス

Pin it
ピンもと: etsy.com
1
2

グラデーションのあじさいを土台となる粘土に挿し込めば、インパクトのあるネックレスのできあがり。シンプルな服装のアクセントとして活躍しそうですね。

モノトーンでシックにまとめても◎

Pin it
ピンもと: etsy.com
141
677

モノトーンのあじさいをグラデーションになるように並べたピアスは、華やかなのにシックな印象。お花1つずつにTピンを挿したまま固めて、丸カンを使ってチェーンと繋げば完成です。

ワンランク上の粘土作品に

極小サイズのお花作りには手先の器用さが要求されますが、普通サイズのものなら粘土に慣れていない方でも意外と簡単にできますよ。特にツヤを出すと手作りとは思えないほどのクオリティになるので、ぜひお試しを♡

記事に関するお問い合わせ