無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家に溜まった「段ボール」がこんなにおしゃれに♡収納グッズ簡単リメイク術

軽くて丈夫な段ボールは物を入れておくのに便利ですが、そのままお部屋に置くのはかっこ悪いですよね。しかし簡単に手を加えれば、お洒落な収納グッズに生まれ変わるんです。

2017年5月
DIY

段ボールを収納グッズにリメイク!

ネット通販を利用する機会が増えると、どんどん溜まってしまう段ボール。丈夫で型崩れしにくいものの、そのままの状態で置いておくだけではかっこ悪いですよね。

www.etsy.com

そこで今回は、段ボールを収納グッズにリメイクする方法をご紹介します。まず最初に入れる物を決めてサイズを測っておけば、かなり使いやすいものができあがりますよ。

何でも入る収納ボックス

布やロープで包むだけ!

Pin it
ピンもと: hometalk.com
2

段ボールには薄い布を張るよりも、ニットなど厚手の素材の方が高見えするのでおすすめです。いらなくなったニットの身頃部分を箱の大きさに合わせてカットしたらかぶせます。端を内側に織り込んで接着剤で貼りつけてくださいね。

麻のロープを箱側面の下から巻きつけながらボンドで接着すると、まるで籐のカゴのような仕上がりに。内側には布を張って、段ボール部分が完全に見えないようにしましょう。

Pin it
ピンもと: hometalk.com
1
1

木箱にキャスターを付けるには電動ドリルなどの工具が必要になりますが、段ボールならカッターで小さく穴をあけて差し込むだけなので簡単です。メイク道具やおもちゃ入れにしてみてはいかがでしょう?

引き出しの中をスッキリ♡

仕切りがあるとグッと便利に

creon-diy.jp

頻繁に出し入れをしていると、引き出しの中はすぐゴチャゴチャになってしまいますよね。段ボールで仕切り付きのボックスを作っておけば、こまめに整理をしなくても綺麗な状態をキープできますよ。

整理BOXの作り方

仕切り付きの箱を作らなくても、小さめの箱を引き出しに詰めてもOKです。包装紙や折り紙などでカラフルにデコレーションしておけば、引き出しを開ける度に気分が明るくなりそうですね。

Pin it
ピンもと: bhg.com

手作りの仕切りなら入れたいものによって大きさを変えられるので、下着類も型崩れすることなくきちんと収納できますよ。

飾り棚でお洒落にディスプレイ♡

お気に入りの雑貨を飾ってみて

Pin it
ピンもと: homedit.com
3

段ボールをカットして六角形の形を作れば、お洒落な飾り棚のできあがり。ガラスや陶器など割れやすいものはおすすめできませんが、お気に入りの雑貨を飾るのにぴったりなんです。

六角形が歪まないようにするためには、型紙作りが肝心。お皿などをなぞって円を描くと、綺麗な形になりますよ。段ボールが薄い場合は、安っぽく見えないように2枚重ねにしておきましょう。

Pin it
ピンもと: eslamoda.com
509
2
4624

六角形だけでなく、三角形や四角形でも同じように作れます。シンプルな形でも、2つ合わせるだけでグッと洗練された雰囲気になりますね。

頻繁に使うものはトレイにイン!

取り出しやすいところに置くと便利♡

よく使うアクセサリーなどは、すぐ手に取れる場所に置いておくと便利ですよね。とはいえテーブルに置きっぱなしでは散らかって見えるので、トレイに入れておきましょう。

六角形の作り方は先ほどのシェルフとほぼ同じですが、高級感を出すためにカルトナージュにチャレンジしてみましょう。まずは木工用ボンドを水で薄めて、細長くカットした新聞紙を六角形に貼りつけます。

白のアクリル絵の具で全体をペイントし、乾くのを待ちます。お好みのデザインペーパーなどをトレイの大きさに合わせてカットします。カルトナージュ用ののりを箱に塗り、デザインペーパーを貼りつけていきましょう。最後に全体をコーティングすれば完成です。(カルトナージュ用の糊が無い場合は、木工用ボンドとでんぷんのりを混ぜて作ることができます。)

シンプルなトレイも紙や布を貼るだけでオリジナルのおしゃれなトレイが作れます。四角いトレイならダンボールの形をそのまま活かして、箱の底部分より少し上をカットするだけで簡単に作れます。

引き出し付きボックスが便利!

デスクの上がすっきり片付く♡

www.etsy.com

デスクに引き出しがないと、細々としたものの収納場所に困りますよね。引き出し付きの収納ボックスを作っておけば、デスクの上が散らからなくて済みますよ。

動画ではマスキングテープとシールで可愛くしていますが、インテリアのテイストに合ったデコレーションをしてみましょう。厚手の段ボールはキレイに折るのが難しいので、カッターで軽く切れ目を入れておきましょう。

もっと大きめなものを作りたいときは、こちらの動画を参考にしてみてください。仕上がりサイズはお好みですが、引き出しと仕切りがきちんと収まるかどうかチェックしておきましょう。

アイディア次第でお洒落に変身!

www.etsy.com

本格的な収納家具作りには工具が必要ですが、段ボールならカッターと木工用ボンドがあれば加工できるので簡単!薄過ぎたり折り目が付いてしまったものでも、2枚重ねにすればDIYに使えますよ。ぜひお試しを♡

記事に関するお問い合わせ