無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イライラ解決♡散らかし夫&子供を片付け上手にする方法

インテリア

2歳児くらいならおもちゃはひとまとめのボックスなどに入れると◎。重いフタがあったりすると片付けにくいので、ぽいっと物を入れられるように箱だけを置けば良いでしょう。

4~5歳児ならおもちゃも増えているので収納場所も分類しましょう。ブロックは赤い箱の中、絵本は本棚、なんていうように。透明の箱をいくつか用意して、おもちゃの写真を貼って分類するのもわかりやすいですよ。

片付けてくれたら褒めまくる

大人も子どもも褒められて伸びる

いつも片付けているママは、夫や子どもが片付けても「散らかしたんだから片付けるのは当たり前」と思ってしまいがち。たしかにママの気持ちはごもっとも。だけど、そんな態度では夫や子どもは達成感を得られません。

片付けてくれたら「さすが」「すごい」「本当にありがとう」と大いに褒めましょう。褒められるのは大人も子どももうれしいものです。片付けて良い気分になれるならと、積極的に片付けることにもつながります。

「片付けて」の言い方も大切

「早く片付けてよ!」「なんでこんなに散らかすの?」と怒るように言っても、夫や子どもは片付けたいとは思わないでしょう。「片付けて」の言い方も大切なのです。

夫には“お願い”してみて

夫には片付けをお願いしましょう。「リビング散らかっちゃってるから片付けお願いしても良いかな?」と、命令よりもお願いの方が聞き入れやすいものです。

また「パパに片付けてもらうとすごくキレイになるから助かるな~」など、夫が片付けるメリットを伝えたり、片付けによって夫の自尊心を高める言い方をするのも効果的ですよ。

子どもと一緒に楽しく片付け

子どもには「片付けは役立つこと・楽しいこと」と思わせることが大切です。なので、一緒にゲーム感覚で片付けをしましょう。2つの例をご紹介します。

1つ目は片付けるタイムを競わせるゲーム。子どもが散らかしたら、「片付けタイムスタート!」「この前は5分で片付けられたけど、今日は記録更新するかな?」と子どもを楽しませる声かけをしましょう。

記事に関するお問い合わせ