無料の会員登録をすると
お気に入りができます

放っておくと汚い…!エコバッグの正しい洗い方と気をつけるべきポイント

ライフスタイル

2020年7月から本格的に始まるレジ袋有料化に向け、エコバッグの需要が高まっています。いまや買い物に欠かせないエコバッグですが、毎日使ううちに少しずつ汚れ、そのままにしておくとカビが発生することも……。そこでこの記事では、エコバッグの洗い方や清潔に保つ方法をご紹介します。

ちょっとしたことを意識するだけで、エコバッグを清潔に保つことができます。買い物中や持ち帰ったあとに気を付けたいことをまとめました。

小分け袋を用意しておく

あらかじめ小分け用の袋を用意しておけば、生鮮食品とそうでないものを分けて入れられます。ポリ袋でも代用できますが、環境面を考えると小分け用の袋をいくつか持っておきたいですね。

冷たいもの(または温かいもの)を入れるための、小さな保冷バッグを持っておくのもおすすめです。100円均一で扱われている簡易の保冷バッグでも、スーパーから家までの短い時間なら充分効果を発揮してくれますよ。小さい保冷剤を入れておけば申し分ありません。

袋詰めの方法を工夫する

汁もれしやすい食材が傾かないようにしたり、まとめて小分け用の袋に入れるだけでエコバッグの汚れ方が全然変わってきます。基本的なことですが、重い物を下に入れて袋を安定させ、つぶれやすいものを上に置くようにすると袋が傾くのを防げます。

使用後はなるべく早くエコバッグのお手入れを

買い物から帰ってなかのものを出したら、そのままエコバッグの中のごみを払ったり、軽く拭いておくことでエコバッグを清潔に保つことができます。

あとでまとめてお手入れしようとするとなかなかできず、結局またそのまま使うことになるので、買い物から帰った流れでサッとお手入れしておくとスムーズですよ。

正しいお手入れで清潔に保とう!

口に入る食品を入れる場面が多いエコバッグは、できるだけ清潔に保ちたいですよね。洗濯することを考え、いくつか替えのエコバッグを持っておくと安心ですよ。

使い捨てではなく、洗って繰り返し使えるのがエコバッグの最大のメリット。上手にお手入れしてエコバッグを清潔に保ちましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ