無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつもピカピカをキープ♡水回りの手抜き掃除方法

おうちの中で掃除が大変な場所といえば、「水回り」ではないでしょうか? 「面倒だからいいや」と思っていると、すぐに水垢やぬめり、カビなどの原因になってしまいます。そんな事態にならないように、水回りのピカピカを保つ、簡単な「手抜き掃除方法」をお教えします。

2017年5月
インテリア

水回りの掃除が苦手…どうにかならない⁉

おうちの中で掃除が大変な場所と言えば、「水回り」ではないでしょうか?毎日に何度も使う「水回り」は、一度きれいにしても、すぐに汚れが溜まってしまいます。

Dummy error 300x300
instagram.com

放っておくと恐ろしいことに…!

「面倒だからいいや。」と思っていると水垢やぬめり、カビなどの原因に。さらに放っておくと、排水溝の詰まりやサビの原因にまでなってしまうんです。

毎日の「手抜き掃除方法」

そんな事態にならないように、毎日の「手抜き掃除方法」で、汚れを溜めないようにしましょう。水回りのピカピカを保つ、簡単な「手抜き掃除方法」をお教えします。

キッチン

①なるべく物を置かない

Dummy error 300x300
instagram.com

いつもピカピカなキッチンを保つには、まずは「なるべく物を置かない」のが鉄則です。物が多いと、それをどかして掃除をする手間が増えます。洗濯が必要になるキッチンマットも、置かないようにすると拭き掃除が楽チンに。

②物は棚や引き出しに収納する

Dummy error 300x300
instagram.com

物を表に出さないようにするために、物はできるだけ棚や引き出しに収納しましょう。100均のプラスチックボックスなどで仕切り、より多くのアイテムを収納するようにしましょう。

③三角コーナーは置かない

Dummy error 300x300
instagram.com

汚れが溜まりやすい三角コーナーは置かずに、生ゴミは料理のたびにポリ袋に入れて捨てましょう。普段は排水溝のフタも取り外し、溜まったゴミはすぐに捨てれるようにしましょう。

おしゃれなデイッシュウォッシングはこちら

④水切りカゴも置かない

Media?size=l
instagram.com

食器の水切りカゴも、汚れの溜まりやすいアイテムの一つです。大きな食器洗いカゴは置かず、できるだけ手入れの簡単なシンプルなカゴを使いましょう。水切りカゴの代わりに水切りマットを使うのもおすすめです。

Media?size=l
instagram.com

マットが汚れたら洗濯機で洗えばよいので、お手入れの手間もありません。

⑤セスキ炭酸ソーダ水を使う

Media?size=l
instagram.com

100均で簡単に手に入るセスキ炭酸ソーダは、キッチンの油汚れや手垢に効果抜群。500mlの水に対して、セスキ炭酸ソーダを小さじ1杯入れて作る「セスキ炭酸ソーダ水」は、汚れに吹きかけて布巾で拭き取るだけの簡単お掃除法です。

⑥オキシクリーンでまとめて洗浄

Dummy error 300x300
instagram.com

ガンコな汚れには、まとめてオキシクリーンで「オキシ漬け」にするのがおすすめです。コンロ器具の油汚れから、コップの茶シブまで、幅広い汚れに対応します。漬け置きしたら、軽くこすって洗い流すだけです。

オキシクリーンの公式HPはこちら

洗面台

①なるべく物は置かないようにする

Dummy error 300x300
instagram.com

洗面台をピカピカに保つ方法は、キッチンと同様にまずは、なるべく物を置かないようにしましょう。寝る前に、洗面台の上をハンドタオルで拭き取るなどのちょっとした手入れも、キレイを保つ簡単な方法の一つです。

②重曹を使う

Media?size=l
instagram.com

重曹は、セスキ炭酸ソーダ同様、100均で簡単に手に入ります。水垢は、濡らしたスポンジの上に少量の重曹を振りかけて、水になじませてからこすりましょう。重曹とセスキ炭酸ソーダは、一家に一つずつ持っておきたい水回りのお掃除の必須アイテムです。

バスルーム

①掛ける収納にする

Media?size=l
instagram.com

バスルームをピカピカに保つ方法の一つとしては、バスグッズを掛ける収納にする事がおすすめです。バスグッズを掛ける収納にする事によって、空気の通りを良くし、ピンクぬめりやカビの発生を防ぐ効果があります。

②バスタブでオキシ漬け

Media?size=l
instagram.com

キッチンでも活躍した「オキシクリーン」は、バスタブを使えば大きな物も「オキシ漬け」することができます。バスルームの桶やイスなどはもちろん、カーテンなどの大物もオキシ漬けしましょう。

③「重曹+お酢」で排水溝のヌメリ取り

instagram.com

重曹を排水溝にたっぷりと振り掛け、お酢大さじ1杯を300mlのぬるま湯と混ぜた物を上から掛けます。重曹とお酢のクエン酸が混じり合うことで化学反応が起こります 。この泡が、臭いやぬめり汚れをはがし落としてくれます。

水回りはいつもピカピカ♡

水回りが綺麗だと、気持ちまで明るくなりますよね。毎日の簡単「手抜き掃除方法」で、汚れを溜めないようにし、水回りのピカピカを保ちましょう。

Media?size=l
instagram.com
記事に関するお問い合わせ