無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[これが太る原因?]やせる習慣を手に入れるために睡眠を大切にすべき理由

美容

睡眠不足は太る原因になってしまいます!寝る前に、なんとなくスマホを使ったり、テレビを見ていたら睡眠不足になっていた……ということはありませんか?睡眠不足は、やせにくい習慣の1つです。睡眠を見直して、やせる習慣を手に入れるためのポイントを解説します。

朝食は納豆ごはん、卵ごはん、目玉焼きトーストなど手軽なものでも構いません。どうしても食欲がわかない時は、フルーツヨーグルト、牛乳など手軽なものから始めてみることもよいでしょう。

夕方以降のポイント

よい入眠のためには、カフェインにも注意しましょう。コーヒーや紅茶、エナジードリングなどに含まれるカフェインには覚醒作用があり、睡眠の質に影響してしまうので、夕方以降は控えられるとよいでしょう。

そして、夜食は食事の消化活動が活発になることで、睡眠の妨げになってしまいます。また、寝つきが悪いからと言って寝酒をすることは、睡眠の妨げになり、睡眠の質を下げてしまう原因となります。寝つきが悪い場合は、体内時計をコントロールして入眠しやすくなるよう朝の時間に注意しましょう。そうすることで、夜食、寝酒を控えることができるとよいですね。

【夜食・ダイエット中に】ミネラルが豊富な「きのこ」を使ったレシピ4選

しっかり寝て、やせる習慣を作るために

やせるための睡眠習慣

睡眠が大切であること、おわかりいただけましたか?
よい睡眠をとるためには、体内時計をコントロールするための生活リズム、食事リズムが大切です。きちんと睡眠をとることで、食欲がコントロールしやすくなります。
また、日中のパフォーマンスも上がるので、運動や身体を動かすことを億劫に感じにくくなることが期待できます。やせるための土台である睡眠。よい睡眠サイクルを手に入れるために工夫しましょう。やせる習慣のベースとなる睡眠と上手に付き合って、賢くダイエットできるとよいですね。

【参考文献】
「睡眠と生活習慣病との深い関係」(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-008.html
(アクセス日:5月29日)
「快眠と生活習慣」(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-004.html
(アクセス日:5月29日)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ