無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どものころからフルーツジュースを飲んでいると太る? 太らない?研究でわかった食生活への影響は?

子育て

子ども100人を10年間追跡

今回報告した米国ボストン大学の研究グループによると、米国では子どものフルーツ摂取量(ジュースも含めて)がまだ推奨レベルより低く、特に成長するにつれて減る傾向があるそう。フルーツジュースについては、100%のものも含めて食物繊維が少ない、高カロリー、虫歯になりやすくなるなどの懸念から、飲まないほうがいいという意見さえあるといいます。

そこで研究グループは、就学前にどれくらいフルーツジュースを飲むかがその後の食生活やBMIに影響するかどうかを調べました。3〜6歳の子ども100人を10年間追跡調査した研究データを使い、食事やライフスタイルに関するインタビューやアンケート、身体検査などの結果を分析しました。

食事の質もアップ

その結果、幼少期に100%フルーツジュースをたくさん飲んでいた子どもは、思春期までの10年間にフルーツ全体の摂取量が多くなり、健康的な効果につながりそうだとわかりました。

幼少期に100%フルーツジュースを1日1カップ以上飲んでいた子どもは、0.5カップ未満だった子どもに比べて、丸ごとのフルーツの摂取量が1日当たり0.9カップ多くなり、フルーツ全体の摂取量は0.5カップ多くなりました。米国の「食生活指針」が推奨するレベルを満たしている割合も4倍近く多い結果に。

さらに、100%フルーツジュースをたくさん飲んでいた子どもは、どの年齢時点でも、食事の質を判断する尺度の点数が高くなりました。また、フルーツジュースの摂取量と研究期間中のBMIの変化に関連性は見られず、肥満とは関係しないと思われます。小さいころからフルーツジュースを飲んでいると、体重が増えることなくヘルシーな食生活につながるのではないかと研究グループは指摘しています。

<参考文献>

New study finds drinking fruit juice in early years can have long term dietary benefits

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2020-06/kc-n-nsf060920.php

Li Wan, Phani Deepti Jakkilinki, Martha R. Singer, M. Loring Bradlee & Lynn L. Moore. A longitudinal study of fruit juice consumption during preschool years and subsequent diet quality and BMI. BMC Nutr. 2020 May 14;6:25. doi: 10.1186/s40795-020-00347-6. eCollection 2020.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32467768/
https://bmcnutr.biomedcentral.com/articles/10.1186/s40795-020-00347-6
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ