無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼があなたにハマっちゃう♡色っぽ〜いキスの仕方

普段のキスはなにげない普通のキスではありませんか?たまには彼をドキドキさせたい。彼を虜にする色っぽいキスの方法を学びましょう。

2017年5月
恋愛・結婚

たまには色っぽいキスをしてみない?

“ただのキス”からは卒業

彼と当たり前のようにするキス、なにげない普通のキスばかりではありませんか?たまには彼をドキッとさせるようなキスもしてみたいとは思いませんか。

そんな、男性がドキドキしてしまうような、色っぽいキスの方法を学びましょう。

焦らす“間”を作る

速攻キスはNG

すぐにキスをしてしまうのはもったいないです。キスしそうでキスしない、そんな焦らす“間”がある方が、相手の気持ちも高まります。

まずはじっと目を見つめてムードを高めて。顔を近づけてもまだキスはせず。唇が触れるか触れないかで3秒我慢しましょう。彼の意識が唇の集中して、感覚が鋭くなります。

そして唇で包み込むように、柔らかい質感を感じさせるように優しくキス。彼は意識が集中して唇が敏感になっているので、いつもより気持ちいいと感じてくれます。

段階を踏んでじっくり“誘う”キス

唇以外にキスをして

キスをしそうなムードってありますよね。お互いが見つめ合って、静かになって、ドキドキとするような。そんなムードでも焦らずゆっくりとキスをしましょう。

まずはおでこ、ほっぺ、首筋、耳たぶなど唇以外に順番にキス。男性からすると唇にいかないじれったさを感じるはず。焦らされて焦らされて、我慢できない彼からのキスを誘い出しましょう。

ソフトからディープに焦らして

最初はソフトなキス。そこからすぐにはディープにせず、相手の唇をはむはむしたり、くっつけたり離したり焦らしましょう。彼が我慢できずに舌を絡めてきたらそれに応じて。

記事に関するお問い合わせ