無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日1分で下半身の筋力UP!バランス力を鍛えて痩せる「片足立ちダイエット」♡

バレトンやヨガのポーズでよく出てくる「片足立ち」。バランス力を鍛えると、歪みもなくなって全身の代謝もアップするのをご存知でしたか?今回は、場所を問わずに1日1分だけでOKの「片足立ちダイエット」のメリットとやり方についてご紹介したいと思います。

2017年5月
美容

片足立ちでダイエットができる!?

「片足立ち」の状態で、あなたは何秒キープすることができますか?簡単そうに見えて、いざやってみるとなかなか難しいという方も多いはず。実は「片足立ち」は、運動量の高いトレーニングの一つなんです。

これから梅雨や暑い夏に向けて、ウォーキングやランニングを続けるのは結構大変ですが、片足立ちは部屋の中でも簡単にできるのでおすすめ。今回は、運動量のある片足立ちダイエットについてご紹介します。

片足立ちダイエットのメリット♡

片足立ちとは、その名前のとおり片足のみで立つ立ち方で、足の筋力やバランス機能を調べるために用いられる方法でもあります。また、リハビリや医療的な治療などにも幅広く使われている運動方法の一つ。

1. 下半身の筋力がアップ

下半身の筋トレというと、スクワットなどのキツいトレーニングを想像する方も多いと思いますが、片足立ちだけでもしっかりと下半身を鍛えることができるんです。

やってみると意外とフラフラしたり、足の裏が痛くなったりしてくるはず。下半身を鍛えることで、疲れにくくなったり、転倒防止効果も得られるのでおすすめです。

2. 骨盤の緊張をほぐす

片足立ちは、股関節を緩める効果があるので骨盤の緊張をほぐすのに役立ちます。人間の骨盤は気づかないうちに普段の生活で凝り固まっているので、定期的に緩めてあげることが大切。

骨盤を緩ませることで、全身のバランスが整い、血液やリンパの流れをよくする効果が期待できます。また、胃腸の調子も良くなることから、慢性的な冷えやむくみの改善にもつながります。

3. 体幹が鍛えられる

片足で立つ時に自然と使われるのが「体幹」。きつくて辛いトレーニングをしなくても、片足立ちだけでも体幹を鍛えることはできます。

しかも、片足立ちをするという動きだけで、なんと40分から50分程度のウォーキングと同じカロリー消費にもなるのだとか。片足立ちダイエットは簡単なのに一石三鳥くらいのお得感もあるんです。

1日1分♡片足立ちダイエットのやり方

まずは基本!片足立ちのやり方

1. 椅子の脇で片足を5~10cmほど持ち上げ1分間キープ。よろけそうになったら手をついてもOK。
2. 慣れてきたら片足のまま膝を軽く曲げましょう。左右それぞれ10〜20秒くらい行います。

片足立ちは想像以上に足と腰に負担をかけるので、慣れてない人はまず基本的なやり方からマスターするのがおすすめ。週4回もやれば、十分な成果が得られるはず。呼吸を止めずに続けながら行いましょう。

足上げ運動による片足立ちダイエット

1. 床に立ち壁に軽く手をあてたら、背筋を伸ばして足を少し外側に向けましょう。
2. お尻と太ももの裏側を意識しながら、片足をゆっくりと後ろへ上げます。

3. つま先を意識しながらゆっくりと下ろします。この時、足が床に付かないようにして下さい。この動きを5回行います。
4. 反対側の足も同様に行いましょう。

こちらは、基本では物足りない場合の、負荷の大きいタイプの片足立ちダイエット。フォームは一緒ですが、上げた方の足をゆっくりと後ろへと蹴りあげるようにするのがポイント。足痩せにも効果的。

慣れたらヨガの「木のポーズ」に挑戦

1. 片足立ちの状態で、もう片方の足の裏を太ももの内側につけます。
2. 両方の手のひらを胸の前で合わせて、30秒キープしましょう。
3. 余裕があれば、両手を上にあげてもいいでしょう。左右行います。

片足立ちの状態で腕の動きを固定させるため、より体幹を鍛えることができます。また、「木のポーズ」は太ももの引き締めにも効果バツグン!内臓機能も高まるので、健康的な体づくりにもおすすめです。

片足立ちダイエットでプチ運動習慣♡

ジムに行ったりランニングするのは少し億劫という方におすすめの片足立ちダイエット。簡単に続けられて、誰にでもできてしかも場所を選ばないといったメリットがたくさんあるので、ぜひトライしてみてはいかがですか?

記事に関するお問い合わせ