無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[マスク映えアイシャドウ]自分だけのパレットが叶う! 『ドーリーウインク カスタムシャドウ』が新登場

メイク

マスクが手放せない季節にぴったりな、華やかアイシャドウが登場! モデルの益若つばささんが手がけるメイクアップブランド「ドーリーウインク」から新発売される『ドーリーウインク カスタムシャドウ』は、豊富なカラーバリエーションと「ラメ」「シマーグリッター」「クリーム」の3つの質感を掛け合わせて、自分だけのオリジナルパレットが作れる新発想のアイシャドウ! 今回は、色味や質感、使用感についていちはやく検証してみた。

単色でも組み合わせても、なりたい目元になれるカスタムシャドウが新登場!

株式会社コージー本舗(東京都台東区)の「ドーリーウインク」は、カリスマ読者モデルであり、コスメ、アイメイク、靴下などの商品プロデュースなど幅広い分野で活躍中の益若つばささんがプロデューサーを務めるアイメイクブランド。

豊富な12色展開!

今回ピックアップする『カスタムシャドウ』(全12色・メーカー希望小売価格 税抜680円・2020年7月6日発売)は、益若つばささん本人が調合し、見た目の可愛さ、発色、使いやすさ、肌なじみ、テクスチャーのすべてにこだわったアイシャドウ。

実際に複数のラメやアイシャドウを乳鉢で調合して、かなりのこだわりを持って開発されたという!

最大の特徴は、ラメ・シマーグリッター・クリームの3つの質感が楽しめるところ。見た目だけでなく、肌なじみの良さにもこだわっていて、なめらかな塗り心地で高密着な仕上がりも魅力のひとつとなっている。

「ラメ」の8色は、しっかりとした発色があり、ぼかしやすいのが特徴。ラメが輝きながらも、セミマットな質感のパウダーアイシャドウとなっている。

「シマーグリッター」の2色は、まぶたにピタッとフィットするテクスチャーで、濡れたようなツヤ感と大粒ラメの輝きを演出できるパウダーアイシャドウ。

「クリーム」の2色は、サラッとしていてベタつきにくい、高密着のクリームアイシャドウ。単色使いや、アイシャドウの下地としても使えそう!

専用コンパクトケースとして『カスタムシャドウパレット S」(メーカー希望小売価格 税抜950円・2020年7月6日発売)も販売されているので、『カスタムシャドウ』を自由に組み合わせて、自分だけのオリジナルパレットを作ることもできる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ