無料の会員登録をすると
お気に入りができます

勘違いするぞ?♡意中の男に「LINEで好きアピール」する方法

恋愛・結婚

好意を伝えアピールするのに、LINEは便利なツールです。
シャイな女性も、顔が見えない分、余裕をもって彼の心にアプローチできるはず。

好意を伝えアピールするのに、LINEは便利なツールです。
シャイな女性も、顔が見えない分、余裕をもって彼の心にアプローチできるはず。

今回は、男性をドキドキさせる「好きアピール」LINEのテクニックをご紹介いたします。

(1)ハートマークを使う

ハートマークを使うテクは、シンプルながら効き目はバツグンです。
文末に「♡」があるだけで、自分に好意があるのかも…と期待する男性は多いのです。

使いすぎるとトキメキが薄れるので、ごくたまに、突然入れるのがポイントとなるでしょう。

(2)「何しているの?」と様子を気にする

男性から「今何しているの?」なんて連絡が来たら、少なからずドキッとしますよね。
男性側も同じで、女性から自分の状況を伺うようなLINEが来ると「俺のこと気になるのかな…?」と少なからず思ってしまうものです。

ですので、彼とLINEがしたい場合は、素直に「今何しているの〜?」と送ってみましょう。
彼があなたの好意に気づいてくれるかもしれませんよ。

(3)「朝起こして〜」と電話のおねだり

付き合っていないけど気になる人との電話って、緊張でドキドキするものです。
とくに朝一番から声が聞けるモーニングコールは、特別感が高い印象がありますよね。

そんなモーニングコールをお願いされたら、脈アリかと思うのも当然かもしれません。
頼りにされているように感じ、誇らしく思う男性も多いでしょう。

(4)ストレートに褒める

直接だと言いにくいことを気軽に伝えられるのもLINEの長所。
彼を前にするとなかなか褒めることができないという方も、LINEではストレートに伝えられるのではないでしょうか?

「〇〇くんのそういうところ、尊敬するよ」と、真剣なトーンで褒めれば、彼をドキドキさせられること間違いなしです。

LINEで好きアピールするなら、質問責めにしたり、回りくどい長文などは逆効果。
むしろ、分かりやすいくらいの好意を送るのと、「気になる!」と思わせることができるでしょう。

意中の男性とLINEするなら、ここぞというときにぜひ好きアピールをしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ