無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旦那のメタボを解消!男性満足のダイエット飯を作る5つのポイント

レシピ

脱メタボを目指せるダイエット飯を作ろう

旦那さん本人は気にしていなくても、旦那さんの見た目や健康診断の数値がきになる女性は多いのではないでしょうか。かといってご飯を減らすのもなんだかかわいそうですよね。

そこで今回は、通常メニューをちょっとした工夫でダイエット飯にできちゃうポイントをご紹介!このポイントをつかめば、旦那さんも脱メタボを目指せるかも。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイエット飯を作るポイント5つ

①満足度の高い肉メニューで炭水化物を減らす

karinsasaki / Getty Images

芋類・炭水化物・パンなどを控えても、肉料理があれば平気な男性は多いのだとか。なので肉メニューを1品入れるだけで満足度はグンとアップします。この時に意識したいポイントは「塊肉を使う」「カサ増し」を意識することです。

ドーンと大きな塊肉を使えば見た目もインパクトがあり噛みごたえもありますよね。また野菜やキノコ類などの肉以外の食材を使って「カサ増し」を狙ったり、チーズや卵などを使って「コク増し」するのもおすすめです。

②高野豆腐を使う

zefirchik06 / Getty Images

高野豆腐は高タンパク・高ミネラルで低糖質・低カロリーなダイエットにぴったりな食材です。四角い形のイメージが強い高野豆腐ですが、粉状のものや細切り状の製品も出ているんだとか。いろんなメニューに取り入れやすいですよね。

oceans-nadia.com

お好み焼きやたこ焼き、ハンバーグや餃子などの、食材に混ぜたりタネを高野豆腐に変えるだけで、ヘルシーなダイエットレシピに!こんなに低カロリーレシピでも見た目がガッツリご飯なので、彼も気に入ってくれることでしょう。

③デトックススープをメニューに入れる

recipe.rakuten.co.jp

韓国では「魔女スープ」とも呼ばれるデトックススープ。食べて健康的に痩せられると人気のメニューで、たっぷりの野菜で満足感も高くお腹の膨れる1品です。満腹感だけでなく、便秘解消や新陳代謝アップも期待できるのだそうですよ。

④低糖質の調味料で味付けする

didecs / Getty Images
記事に関するお問い合わせ