無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てるのはもったいない!着なくなった服の活用法6選

ライフスタイル

捨てなくてOK!活用法は色々

衣替えやタンスの整理をしていると、「もうこれ着ないな」と思う服が増えていることがありますよね。でも、捨てるには忍びないと感じたり、捨てることが苦手な人もいると思います。

beavera / Getty Images

そんな着なくなった洋服は、色々な活用方法があるのです。これらを知れば「捨てなくて良かった」と思えますよ。

今すぐ試せる!着なくなった服の活用法6選

1.クッションカバーにする

着なくなったけど、洋服の生地や柄がとても気に入っているという場合、クッションカバーにするのがおすすめです。デザイン性が高い柄なら、素敵なインテリアになります。肌触りが良い生地だと尚GOOD♡

ben-bryant / Getty Images

クッションカバーは、基本的には正方形や長方形の同じ大きさの布が2枚あればできるので、トップスやスカートの前身頃・後身頃をカットして縫えばOKです。その他にも、楕円形や星型など好きな形にもできますね。

2.クッションの中綿にする

柄や肌触りが気に入らなくなってしまった服は、クッションの中に詰めて中綿代わりにすることもできます。ふわっとまるめて何着か入れることで弾力を調整できます。

Deagreez / Getty Images

中に詰めるなら、シミが発生して着なくなってしまった服でも良いですよね。なるべくソフトな生地の方がクッションとしての使用感は良くなるでしょう。

3.DIYのウェス代わりに

DIYをする人は、ペンキを塗ることも多いと思います。ペンキを塗った後に木材になじませたり、余分な塗料を拭き取るために、ウェスで仕上げ磨きをするという工程があります。

Ozgur Coskun / Getty Images

この時に使うウェスは、ホームセンターなどで購入している方も多いと思いますが、実はいらない服で代用してもOK。木綿100%のTシャツやブラウスが適しています。

Alistair Berg / Getty Images

使いやすいサイズにカットして、薄ければ何枚か重ねて使いましょう。

記事に関するお問い合わせ