無料の会員登録をすると
お気に入りができます

賛否両論のレジ袋有料化 是非を聞いてみると世代で意識に差

ライフスタイル

7月1日から始まったレジ袋有料化。その是非を聞いてみると…

(patpitchaya/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7月1日からスタートしたレジ袋有料化。コンビニでは店員が会計時に「袋入りますか?」と声をかけるのが当たり前になり、エコバッグを持って来店する人が増加した。

環境保護を考えての有料化だが、レジで袋に自分で詰め込まなければいけない手間や、新型コロナウイルス感染拡大による衛生面の不安から、欧米では再び無料化とも報道されている。

■コンビニのレジ袋有料化をどう思う?

では、レジ袋有料化について、どう考えている人が多いのだろうか? しらべぇ編集部は全国の10~60代の2,168名に調査を実施した。

結果、「コンビニのレジ袋有料化に賛成」と答えた人は54.9%。環境を考えているのか、半数以上が有料化に肯定的だ。

関連記事:有料化後も「レジ袋もらい続けます」派の主張 現地に行ったら納得だった

有料化後も「レジ袋もらい続けます」派の主張 現地に行ったら納得だった

■年代で意識に差

コンビニのレジ袋有料化に賛成する人を年代別に見ると傾向が出た。

賛成する人の割合が高いのは50~60代の女性。一方、利用機会が多いと思われる20~40代の男性は反対が賛成を上回る。また、女性も20代は僅差だが反対派が多かった。利用頻度が影響しているのかも。

■反対派の声は…

レジ袋有料化に反対するのは、20代男性のAさん。

「会社の昼休みにコンビニを利用することが多い。エコバッグを会社に持っていくのは衛生面で不安がある。結局、レジ袋を有料で購入するので、事実上の値上げだと感じている。
環境保護のためというけど、実際コンビニのレジ袋を有料化して何が変わるのか。同じコンビニなら、食材を一定時間が経過すると、たとえ食べることができても捨ててしまうシステムのほうが、よっぽど問題じゃないですか」

関連記事:コンビニレジ袋の価格、実質2倍になるケースに「これは見逃して…」と悲鳴

コンビニレジ袋の価格、実質2倍になるケースに「これは見逃して…」と悲鳴
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ