無料の会員登録をすると
お気に入りができます

レトロ可愛い京都旅ならココ♡町家・蔵を改装した話題のショップ巡り

風情のある「町家」をリノベーションしたショップが、ここ10年で急増した京都。今回は、京都を訪れたら絶対に訪れてほしい名店をご紹介します。

2017年6月
旅行・おでかけ

京都でおしゃれな町家巡りをしたい♡

京都旅行で、絶対外せないスポットといえば、風情のある「町家」をリノベーションしたショップ。ここ10年くらいで、レストランや、アパレルショップ、カフェなどたくさんのお店がオープンしています。

今回は、その中でも大人女子のセンスにぴったりの、町家リノベーションショップを厳選してご紹介します!

今が京都のベストシーズン!お願い事別に人気神社を巡る週末旅プラン♡

京都観光といえば桜や紅葉の時期が人気ですが、実は地元の人が最も美しいと感じるベストシーズンは新緑の5月・6月の京都なんです。若々しい「青もみじ」が満開で、気候も快適で混み合わない今の時期は、大人の女子旅にぴったり。週末で行ける旅プランをご紹介します。
4612

創業450年!老舗茶舗のティーサロン

salon de KANBAYASHI

instagram.com

「salon de KANBAYASHI」は、「綾鷹」で商品開発協力をした京都・宇治の老舗茶舗「上林春松本店」が、もっと日本茶を気軽に楽しんでもらえるようにとAKAGANE RESORTとコラボしてオープンしたティーサロン。

竹林のアプローチを抜けると、漆喰で塗られた蔵が見えてきます。この蔵がカフェスペースにリノベーションされていて、天気のいい日はテラスでお茶をいただくこともできます。

蔵の中は、銅と木材がふんだんに使われたモダンなデザイン。天井の高さを生かして2階建ての構造になっています。

オリジナルブレンド 750円〜

tabelog.com

上林春松本店がセレクトした玉露や煎茶、季節のオリジナルブレンドのほか、ロイヤル豆乳抹茶ラテ、コーヒー、フレッシュジュースなども提供。日本茶に合うようにパティシエが独自に開発したデザートと一緒に味わえます。

抹茶白玉ぜんざい「朧月」 600円

抹茶白玉ぜんざい「朧月」600円、煎茶オリジナルブレンド750円。この素晴らしいロケーションの中で、美味しい日本茶をいただくひとときは「京都に来た!」という感動を与えてくれます♡お茶の味と調和する上品な甘さのスイーツも絶品です。

arkh.jp

清水寺や八坂の塔にも近い京都東山にある大正期の邸宅をリノベーションした「AKAGANE RESORT KYOTO HIGASHIYAMA1925」内にあり、結婚式場やレストラン、チャペルも併設されています。700坪の庭園は必見で、京都の中心地とは思えない異空間を味わえます。

アクセス

住所:京都市東山区下河原通高台寺塔之前上る 金園町400番1
電話:075-551-3633
営業:11:30-17:00
※土日はウエディングによりご利用いただけない場合がございます。ご来店の際はお問い合わせください。

Salon de KANBAYASHI 公式サイト

舞妓さんも愛用♡ショコラトリー

マールブランシュ加加阿365祇園店

instagram.com

祇園の花街にひっそりと佇む伝統的な京町家をリノベーションしたショコラトリーが「マールブランシュ加加阿365祇園店」。京都で長年愛されるパティスリー「京都北山 マールブランシュ」のチョコレート専門店です。

www.malebranche.co.jp

町家の趣を残しつつ、ジャパニーズモダンなスタイルに生まれ変わったこちらの店舗。木材の色調とチョコレートの茶色がしっくり馴染んでいますね。内装には日本伝統の素材や工法が使われているそうです。

加加阿365 2コ入 972円

加加阿365の名物が、こちらの365日、その日の分だけ限定販売されるチョコレート。京都の行事や風物詩にちなんだオリジナルの「紋」がパッケージとチョコレートにデザインされています。

口に入れると、薄い氷のような表面のチョコレートの中からとろりとしたフレッシュな生チョコレートが溶け出します。カカオは南米ボリビア産のクリオロ種を使用しており、濃厚なミルクとビター感のバランスが最高です。

銅板に刻印された365日の「紋」。自分の誕生日や、記念日を思わず探したくなってしまいますね。当日販売分は、その日の「紋」のみですが、誕生日、記念日など当日以外の「紋」も2日前までの予約で購入可能です。

ちょこっとエクレア 各388円

こちらは舞妓さんのおちょぼ口に合わせて開発された「ちょこっとエクレア」。トッピングの板チョコの上に描かれた舞妓さんがキュートです♡味はミルク/ビター/ホワイトチョコの3種類で、どれもすっきりと上品な甘さです。

抹茶テリーヌ 京ippon(小) 1,080円

この「抹茶テリーヌ 京ippon」は、加加阿365祇園店とマールブランシュ北山本店内の加加阿365ショップインショップで購入可能。火入れを最小限にとどめた宇治抹茶とホワイトチョコのレアな食感は、抹茶のフレッシュさをダイレクトに味わえます。

店内のデザインもジャパニーズモダン♡

加加阿365の母体である「京都北山 マールブランシュ」の大人気商品「お濃茶ラングドシャ 茶の菓」を、盆栽に見立てたディスプレイ。京都らしいセンスとユーモアに溢れたアートで人気のフォトスポットです♡

間口が狭く奥行が長い京町家は「うなぎの寝床」とも言われますが、伝統的な町家の奥には必ず採光を取り入れるための「坪庭」のスペースがあります。こちらの店舗でも、お庭を眺めながらお買い物ができますよ。

アクセス

住所:京都市東山区祇園町南側570-150
電話:075-551-6060
営業:10:00-18:00
定休日:無休 ※8/21(月)〜9/6(水)は店内改装のため休業

加加阿365 祇園店

日本各地の工藝が集まるうつわ屋さん

STOCK うつわ・工藝

住宅街にひっそり佇む京町家を改装して2016年オープンした「STOCK うつわ・工藝」。うつわと京都をこよなく愛するご夫婦がオーナーのお店です。自ら窯元を訪ね歩いて買い付けた作品たちは毎日の生活をぐっと豊かにしてくれる逸品揃い。

練り込みという伝統技法で作られた「牧谷窯」のうつわ。パステルカラーのストライプや斜めに入ったラインがモダンなデザインなので、洋菓子やコーヒーなどにも合いそうです。こんなうつわがあれば、お茶の時間が楽しみになりそう!

「飛びかんな」と呼ばれる技法が特徴の大分県「小鹿田焼」のうつわ。リズミカルな模様が美しく、どんな料理を盛り付けても美味しそうに見せてくれます。淡いグリーンの釉薬の色も、和洋中様々な料理に使えそう。

瀬戸で約300年続く窯元「瀬戸本業窯」のスープ鉢。三彩と呼ばれる伝統技法で、釉薬も地元のものを使っているロングセラー。有名料理家にも愛用者が多く、使い込むほど美しくなる味わいのあるうつわです。

手吹きガラスの作家、太田潤さんの器は廃瓶を利用した再生ガラス。ひとつずつ丁寧に作られており、個々に違いがあるので自分の手にしっくり馴染むものを見つけたいですね。大量生産では出せない風合いが素敵です。

アクセス

住所:京都市北区大将軍東鷹司町163
電話:075-406-0012
営業:13:00-19:00
定休日:火曜・水曜

STOCK うつわ・工藝 Instagram

伝統とモダンが調和した京都の名店へ♡

築100年を超える町家、古民家が今も残る京都ならではのロケーションを生かした名店を厳選してご紹介しました。歴史を感じる素敵な空間で、今の京都の「旬」を体感してみてはいかがですか?

記事に関するお問い合わせ