無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちゃんと使いこなしてる?SNSで嫌われる行動7選

今やいろんなSNSでいろんな人とつながれる時代です。しかし、知らず知らずのうちに周りが嫌がる投稿や行動をしでかしている可能性があるのです。あなたはやってない?

2017年5月
ライフスタイル

SNSで「嫌われ行動」していない?

使い方を間違えると大変なことに

TwitterやFacebook、Instagramなど、たくさんのSNSがありますよね。連絡ツールとして使ったり、暇つぶしにフォロワーの投稿を見たり、おしゃれな写真を見て意識を高めたり…と使い方もさまざま。

そんなSNSで、知らず知らずのうちに嫌われる投稿や行動をしていませんか?無意識に周りをイラッとさせていることもあるかも。そこで、SNSでのNG行動や気をつけるべきポイントを知っておきましょう。

1.ネガティブな内容しかない

愚痴・悪口・文句…投稿しすぎに気をつけて

人間だからネガティブになってしまうことはあります。しかし、あまりにも愚痴や悪口、文句ばかりのSNSは見ている方が疲れてしまうでしょう。

SNSをネガティブなことのはけ口にしてもいいですが、見る人は限られてくると知っておきましょう。日常の中に楽しいこともあれば辛いこともあるというように、SNSでもバランスが大切です。

2.かまってちゃん

ピンポイントに「話を聞いて」

「はあ、もう疲れちゃった」「つらい」「泣きたい」という、コメント待ちの投稿をしてはいませんか?つまり、具体的な内容を書かずに、見ている人からの「どうしたの?」「大丈夫?」「話聞くよ」待ちということ。

あまりに多いとかまってちゃんだと思われます。話を聞いてほしいときは、ピンポイントで誰かに声をかけましょう。不特定多数に聞いてほしいときは、匿名性のSNSや掲示板を利用するのがベターです。

3.関係のない自撮り

自撮りしすぎは要注意

自撮りを上げただけでイラッとされることは少ないです。ただし、関係ない内容の投稿にまで自撮りを載せると、違和感を持たれてしまうかもしれません。

たとえば「今日は原宿のカフェでチョコケーキを食べました」「花火キレイだった~」という投稿なのに、自撮りの写真しかUPしてないとか。それがほぼ毎回だと、ナルシストだと思われてしまうかもしれません。

記事に関するお問い合わせ