無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]おしゃれなカフェ&名物メニュー5選!人気インスタグラマーが巡ったスポットをご紹介。

旅行・おでかけ

1.パンケーキの革命!テイクアウトのために作られたパンケーキの魅力〈Cafe Rob 京都〉

定番ブリュレパンケーキ 750円

プレーンパンケーキ 700円

庭園抹茶だいふくパンケーキ 850円

メレンゲを生かした、しゅわしゅわ〜と口内で溶けゆくキメの細やかさと驚くほどにふわふわとしたエアリー食感が特徴的なフルッフィーパンケーキ。エシレバターとピュアメープルを絡めたプレーンパンケーキは、その魅惑的な味わいをダイレクトに発信。“持ち帰るために作られた”とあって、イートインだけでなく、そのままテイクアウトも可能。つまり、鴨川沿いでパンケーキタイムなんてこともできちゃいます。一番の人気を誇るというパンケーキが「定番ブリュレパンケーキ」。こんがりとキャラメリゼされた表面と、中のふわとろ感とのコントラストが風味以上の風味を演出。食べていて楽しさが生まれる、そんな一品。

何がすごいって、店内利用・店外利用それぞれを比較してみた結果、味の変化が見られなかったこと。つまり、しばし時間が経過したからとて、そんなことをもろともしないということなのです。これはもうパンケーキ革命と命名してしまってもいいのでは…?と、感じました心から。
〈Cafe Rob 京都〉
■京都市東山区常盤町165 みかくビル 1F
■10:00〜16:00LO 無休
■Instagram:@caferob_kyoto

2.ラクレットチーズの新たな表情。斬新なカフェグルメとの出合い〈raclette&coffee〉

「あんバターSET」1170円

「アップルシナモンSET」1170円

ラクレットチーズを活かしたカフェメニューを提供する〈raclette&coffee〉では、日本全国を隈なく探しても、おそらくここだけでしか出会えないであろうオリジナルメニューがありまして。合わないわけがないのに、今までなかった斬新な組み合わせは悶絶級の旨さなのです…。
カフェや喫茶店でも見かけることが多くなった"あんバタートースト”に、北海道産100%のラクレットチーズを"どーっん!"と盛大にトッピング。ほとばしる湯気に溢れるチーズ、見ているだけで幸せ絶頂期。もちろん、合わないなんてわけがなく、バター&チーズがあんこの和エッセンスとしっかり調和。ラクレットチーズをかける迫力のシーンは、ぜひ目の前で!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ