無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「あれ、疲れてる」と思った時の心の処方箋

ライフスタイル

理由も無く悲しくなったり、けだるさを感じたりする時はないですか? それは心が疲れた証拠かも。そんな時の対処法を、心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいます。心が疲れたサインを見逃さないようにしましょう。

友人や恋人はいても、相手を不快な気分にさせたくないという気持ちが強くて、本音を話せていない人もいます。自分が思っていることと言動が一致していないと、心には大きな負担がかかり疲れてしまうのです。

心が疲れていると感じた時の対処法

最後に、心が疲れていると感じた時に、健康な心を取り戻すための対処法をお伝えします。

(1)しっかり寝て休息を取る

心が疲れたなと思ったら、まずはたっぷり休息を取って自分を労わってあげたいもの。「私、よく頑張ったね。お疲れ様」と自分に声をかけて、夜12時前にはベッドに入るのがおすすめです。

そして、寝る前はスマホを見るのはやめて、少し暗めの照明にして一人でボーッとする時間を持ちましょう。

(2)マッサージを受ける

心だけでなく、体も疲れているなと思ったら、マッサージなどに行って体をほぐしてもらうと思いの外元気になることも。

心が疲れている時は、安心してリラックスできる時間が必要です。体からアプローチをすることでラクになることも多いです。

(3)自己否定をやめる

精神的に不安定になっている時は、自分を責めていることが多いです。気付けば「私はダメだなぁ……」と考えてはいないでしょうか?

「うまくいかない時もあるよね」「まぁ、しょうがないか」「これでも頑張ってるし」とつぶやいて、自分を責めるのをできるだけやめてみましょう。

(4)日常に運動を取り入れる

これといって何もしていないのに、心が疲れている気がした時や、悩みでぐるぐるしている時は運動がおすすめ。週に1回のペースで軽い運動をするだけでも、心の状態は随分変わります。

疲れている時に動くのは、最初はエネルギーが必要ですが、運動を始めてしまえばむしろリフレッシュします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ