無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子育てにも優しいインナーテラスを最大限に活用 職住一体の心地良い暮らし

インテリア

建築家の加藤景さん・雪乃さん夫妻が心掛ける設計のコンセンプトは“暮らしやすく、飽きない家”。それを明確に表現する自宅兼アトリエが完成した。

階段下の収納。頻繁に使う靴やスリッパ、コートなどを収納。靴を干すときは什器ごと外に出すことができる。24時間換気をしているため、臭いもこもらない。

景さんと雪乃さんのアトリエ。深夜に仕事をすることもあるため、床には足音がしないコンクリートを採用。デスク前の窓は玄関前につながっていて、子どもが外から開けてのぞくことも。

一段下がった奥がアトリエへと続く。緑色の壁は加藤さん夫妻で塗った。ディスプレイされた帽子とバッグは景さんが日常的に使用するもの。

会社のロゴ「けい」は、看板などの筆文字を書いて彫る仕事をしている雪乃さんのお父様が作製したもの。

加藤邸
設計 一級建築士事務所 アトリエけい

一級建築士事務所 アトリエけい

所在地 神奈川県逗子市
構造 木造
規模 地上2階
延床面積 111.38㎡(ロフト含まず)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ