無料の会員登録をすると
お気に入りができます

優木まおみさんが教える! 骨盤のポジションを整えて美尻を作るピラティス

美容

お尻がたれたり、美しい丸みが失われたり…理想のフォルムから離れてしまう一因は、「骨盤」にあるといいます。

骨盤の前後傾はお尻のフォルムを崩す一因

お尻がたれたり、美しい丸みが失われたり…理想のフォルムから離れてしまう一因は、「骨盤」にあるといいます。

「骨盤が後傾していると、太ももの裏側が硬くなり、お尻が下に引っ張られてたれてしまいます。逆に、骨盤が前傾していると反り腰になり、出っ尻になってしまうんです」と優木まおみさん。

そこで、ピラティスの出番。ピラティスで「骨盤のニュートラルな状態」を身につけることが美尻作りにも効果あり!

骨盤が本来のポジションにあるとお尻は自然と使われる

「骨盤が前傾していたり、後傾したりしていると、お尻の筋肉を十分に使って歩くことができません。そのため、お尻まわりの筋肉が衰えて、ますますヒップラインが崩れていく悪循環に。でも、骨盤がニュートラルな状態だと、歩く動作だけでお尻の筋肉が自然と使われるんです」

ただ、ボディメイクを目的とするならお尻は使える状態にするだけでなく、ある程度鍛えることも大事なのだそう。

「ヒップアップしたり、適度なボリューム感のあるお尻を目指すなら、やはり負荷をかける必要があります。そこで、今回は骨盤の位置を整えながら、お尻の筋肉を鍛えられるメニューを紹介します。理想のお尻を手に入れるためにも、ぜひピラティスを活用してください」

◇グルーティアル1
横になって背骨をまっすぐに保ち、脚を股関節から動かします。股関節まわりをほぐし、同時に脚の動きでお尻のサイドに負荷をかけます。

1、体の右側を下にして、床に横向きになります。右脚を股関節から曲げ、ひざを90度に。左脚は浮かせて床と平行にし、まっすぐ伸ばします。左腕は頭の下に置き、手のひらを上に向けて。右手は胸の前で床につけておきます。

2、息を吸って吐きながら、左足の指先を床に向けて左脚をつけ根の正面にくる位置まで動かしていきます。ひざは伸ばしたまま、股関節から動かしましょう。

3、左脚がつけ根の正面にきたら、息を吸います。息を吐きながら、ここで左脚を下に小さく振り動かします。足首から先の力を抜いて、足を床に近づけるイメージで息を吸いながら5回、吐きながら5回動かしたら、体の向きと脚を左右入れ替え、同様に行って。

<POINT>
背骨をまっすぐにキープし、骨盤は常に床に対して垂直に。動かす脚に引っ張られて、前やうしろに倒れないように注意しましょう。

<動画でチェック!>

◇グルーティアル2
股関節から脚を後方に持ち上げます。骨盤の前後のゆがみを整えながら、お尻全体を鍛えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ