無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「便秘でカチコチ」ならわき腹をもむ! トラブル別“腸もみ”の極意

美容

便秘、下痢、お腹の張り…。腸トラブルに直面したら薬を飲む前に腸もみで外側からアプローチ。少ない回数から無理なくトライし、習慣づけるのがベスト。

トラブル別に、しっかり腸もみ!

POINT1:まず1回やってみて、できそうなら3~5セット行う。

POINT2:大腸もみ以外の手の形は、第一関節を重ねて上写真のように。

TROUBLE1:便秘でカチコチ!

大腸もみ

お通じがご無沙汰の人は、わき腹をつかんでもんで大腸をほぐして。腸の動きが活発になり、ウエストがくびれやすくなるメリットも!

1.右の腰骨から上に向かって3か所もむ。
2.左の肋骨下から下に向かって3か所もむ。

大腸の流れに沿ってもむのがポイント。まず右の腰骨の上をつかんで押し込み、親指の位置はそのままで4本の指を少しずつ上にずらして刺激。同様に、左の肋骨下から腰骨に向かってつかみもむ。押し込むときにゆっくり息を吐く。

TROUBLE2:ガスでぱんぱん!

横行結腸もみ

流れが滞りやすい大腸の左右のコーナーと横に走る横行結腸をほどよく刺激。腸を動かして、たまったガスを放出しよう。

1.肋骨の下をハの字になるように3か所押していく。

みぞおちから少し右下に手を置き、息を吐きながら指の腹でゆっくり押す。肋骨に沿ってポイントを右下の方向へずらしていき、3か所刺激する。左側も同様に行う。指を立てたり押し込みすぎないように注意。

TROUBLE3:出し切れずにもんもん…。

S字結腸もみ

出そうで出ない、左の下腹部が硬い「ふんづまり」気味のときは、便がたまりやすいS字結腸付近をていねいにもんで便通を促そう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ