無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美味しさ再発見♡そうめんの簡単&絶品アレンジ12選

そうめんの絶品アレンジレシピを集めてみました。シンプルに麺つゆで味わうのも良いけれど、もっと幅広い味わい方があるんです♡早速レシピをチェックしていきましょう。あなた好みの味に出会えるかもしれません。

2017年5月
レシピ

そうめんが美味しい季節、到来!

気温が上がり夏の気配を感じると恋しくなる“そうめん”。今年は、ワンランク上の味わい方を覚えてみませんか?身近な材料で驚くほど美味しいそうめんに変身させることができるんです!

おそばやうどん、パスタよりも茹で時間がはるかに短く、ささっと簡単に作れるのも魅力ですよね。覚えておくと時間のない時の夕飯作りや小腹が空いた時などに役立ちます。

美味しい茹で方をおさらい

まずは、美味しいそうめんの茹で方をおさらいしておきましょう。美味しく茹でるポイントは、「たっぷりのお湯」で「1分30秒~2分茹で」、流水で「よくもみ洗い」することです!

にゅうめんなど温かく食べる場合は、茹で時間を短くし、調整しましょう。分かりやすい動画も参考にしてみてください。

揖保乃糸「そうめんの美味しい食べ方」

そうめんアレンジレシピ12選

豆乳ごまだれのピリ辛そうめん

定番の味にマンネリぎみのときには、ささっとアレンジ!豆乳とごまでマイルドにしつつ、ラー油で深みを加えます。飽きがこない美味しさになります。

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

夏のツナトマトそうめん

トマト、きゅうり、ツナを使った、色鮮やかで栄養たっぷりなアレンジレシピです。材料はザク切りで良いので、ささっと作れます。定番の材料だけでできるのが嬉しいですね。

www.recipe-blog.jp
詳しいレシピ

冷製卵かけピリッと素麺

オリーブオイルと麺つゆ少量を絡ませた「汁無しそうめん」はクセになる美味しさ!とろ~り半熟卵を乗せていただきましょう。ピリッと黒コショウを効かせるのもポイントです。

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

レタスとツナのレモンそうめん

爽やかで美味しいレモンそうめんのレシピです。ツナ缶を使うことで、簡単に味わいをアップさせることができます見た目もとても爽やかですね。

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

ニラたっぷりエスニックそうめん

ナンプラーと赤唐辛子を使って、夏らしいエスニックな味わいに。滋養強壮に良いと言われるニラをたっぷり使っているので、疲れを吹き飛ばしたいときにも良さそう!より本格的に仕上げたいなら、八角を加えてみて。

www.recipe-blog.jp
詳しいレシピ

トマトと鶏のガパオ炒めそうめん

ガパオの具材を大胆にそうめんにかければ完成!意外な組み合わせですが、これが絶品なんです。温泉卵を絡ませて食べてみて!病みつきになりますよ。

www.recipe-blog.jp
詳しいレシピ

豚しゃぶキムチそうめん

スタミナが欲しいときはコレ!豚しゃぶとたっぷりのキムチをトッピングしていただきましょう。ボリュームも満点で男性ウケもばっちりです。

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

さっぱり茄子そうめん

和風な出汁とジューシーな茄子がよく合います。心がホッと和むお味です。冷やして食べるのはもちろん、温かいまま食べても美味しいですよ。

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

とろねば夏野菜のぶっかけそうめん

夏バテ解消に最適な、とろねば食材をふんだんに使ったレシピもおすすめです。いろいろな野菜を加えて、栄養価をさらにアップさせちゃいましょう!これなら子供もたっぷり野菜を食べてくれるかも!?

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

香味ネギのせ梅そうめん

香味野菜好きにはたまらないアレンジ!ネギとみょうが、大葉、梅干しを贅沢にのせてモリモリいただいちゃいましょう。この味が好きだという女性は多いのでは?

oceans-nadia.com
詳しいレシピ

そうめんのオイスター炒め

鶏もも肉やバジルを使った、ちょっぴりパスタのような変わりアレンジです。いつものそうめんとは全く違った美味しさに出会えますよ。ごま油の香りが食欲を刺激します。

www.recipe-blog.jp
詳しいレシピ

甘辛すっぱいピビンそうめん

ガッツリ食べたい気分なら、ビビン麺風に仕上げてみましょう!ピリ辛のキムチやシャキシャキのきゅうりで、手がとまらなくなりそう。辛さはお好みで調節してみてくださいね。

www.recipe-blog.jp
詳しいレシピ

そうめんの魅力、再発見♡

気になるレシピはありましたか?そうめんはアレンジ次第で、実にさまざまなテイストの料理に変身させることができます。アレンジを覚えて、この夏はそうめんをもっと深く味わってみてはいかがでしょう。

記事に関するお問い合わせ