無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[整理収納アドバイザーが伝授]省スペースで形崩れなし!カバン収納実例と便利グッズ

インテリア

様々な大きさや形のカバン、スッキリ収納するのは意外と難しいもの。
仕事用、プライベート用、アウトドア用とシーンによって使う頻度も異なるので、うまく片付けられないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、我が家のカバンの収納法をご紹介します。

子どものカバンはダイソーのくるっ!とロングフックで掛ける収納

子どものカバン収納は、ポールにくるっ!とロングフックを引っ掛けて、掛ける収納に。 フックの角度を変えることができるので、カバンが重なることなく掛けることができます。

学校の持ち帰りのバッグはスチールラックにフックを引っ掛けて掛ける収納

学校の持ち帰りの絵本バッグや体操服バッグは、スチールラックにフックを引っ掛けて掛ける収納に。子どもの手の届く高さに掛けると取り出しやすくなります。

使用頻度の低い旅行カバンは布製のソフトボックスがおススメ

使用頻度の低い旅行カバンの収納は布製のボックスがおススメです。クローゼット上部などにしまう際など、持ち手も付いていて軽いので活用しやすいです。フタ付きのモノだとホコリ除けにもなります。

いかがでしたか?ニトリや無印、100均の収納グッズを活用した我が家のカバン収納をご紹介しました。使うシーンや、頻度に合わせてカバンの定位置、収納方法を決めると、使いたいカバンを取り出しやすくなり、日々のストレスも軽くすることができます。ご家庭に合ったカバン収納を取り入れてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ