無料の会員登録をすると
お気に入りができます

現代女子に意外と多し!「細いけど下腹ぽっこり」な人のレスキューエクサ5つ♡

太っていないけれど、なぜか下腹がぽっこりしているという方はいませんか?下腹を引き締めるには、やみくもに腹筋だけをしても効果を得られません。そこで夏までに美しいウエストラインを実現するために、ぽっこりお腹になる原因とエクササイズについてまとめてみました。

2017年5月
美容

痩せ型なのにお腹まわりだけぽっこり…

最近見た目は割りとスリムなのに、下腹がポコッと出ているとお悩みではありませんか?下腹だけ出ていると、それだけでもスタイルが悪く見えてしまいますよね。

ぽっこり下腹を解消したくてあれこれ試してみたけど、なかなかぺたんこになってくれない頑固さに諦めてしまうのはまだ早い!今回は、下腹が出てしまう原因とその解消法についてご紹介したいと思います。

細いのにぽっこり腹になる原因って?

1. 冷えによるたるみやセルライト

手足や下半身の冷えが気になる女性は多いと思いますが、慢性的に冷え性の方は、おへそから下腹部にかけた部分がひんやりしている場合も多いと言われています。一度、お腹の温度を手で確かめてみてください。

お腹まわりが冷えていると、内臓を守るために皮下脂肪が付きやすくなるだけでなく、むくみやセルライトの原因にも。ウエスト部分にボトムスの跡がくっきりついている場合は、特に注意が必要です。

2. お腹まわりの筋力低下

腹筋をはじめとするお腹まわりの筋肉は、日常生活で使われていないとどんどん衰えます。筋力に支えられていた内臓が徐々にその重さに耐えられなくなり、内側から押された結果下腹が膨らんできてしまいます。

下腹あたりを触った時、脂肪のぷよぷよっとした感じではなく、身体の内側からどっしりとした重みを感じる人は、もしかするとこのタイプかもしれません。腹筋を中心としたエクササイズで解消していきましょう!

3. 腸内環境の乱れ

普段から便秘に悩まされている方も要注意。腸の出口が塞がれてしまい、食べ物が腐敗してできるガスや便で膨らむことからお腹がぽこっと出てしまう場合も。

また、腸内環境が悪化し汚れや悪玉菌が増えると、腸の粘膜も過敏になりがち。さらに悪化すると、アレルギー反応を引き起こして腸が腫れた状態になって、ぽっこり腹の原因になることもあります。

4. 骨盤の歪み

骨盤が歪んでしまっていると、むくんでしまうだけでなく下腹ぽっこりの原因にもなり得ます。骨盤は一日の中で開閉を繰り返していますが、歪んだ骨盤は開閉がスムーズに行われず開きっぱなしで固まってしまうことも。

記事に関するお問い合わせ