無料の会員登録をすると
お気に入りができます

趣味と実益を兼ねる♡大人になった今だから楽しめる「勉強」いろいろ

大人になると「学生時代にもっと勉強しておけばよかった…」と後悔することが多々あります。本来、勉強は新しい知識が得られる楽しいもの。もちろん今から始めるのだって決して遅くはありません。今回は、大人になってから楽しめる資格や勉強をご紹介します。

2017年5月
カルチャー

今からでも勉強は遅くない!

勉強が嫌で仕方なかった学生時代。でも、社会人になって「あの時ちゃんと勉強しておけばよかったな」と後悔している方も多いはず。

もし、もう一度学校に通えるとしたら、あなたはどんなことを勉強したいですか? 今回は、社会人女性が勉強してみたいと思う分野や資格についてまとめてみました。ぜひ、参考にしてくださいね。

収入UPを狙える♡職種別おすすめ資格

事務系全般→MOS・ITパスポート試験

事務系の中でも比較的合格しやすい資格として注目されている 2つの資格といえば、「MOS(マイクロオフィススペシャリスト)」と「ITパスポート」。これらの大きな違いは資格の位置づけです。

ITパスポートはコンピューターの基礎知識に加え、経営戦略や管理などITの実務に必要とされる周辺知識も視野に入れている国家資格。MOSはMicrosoft Officeのスキルレベルを評価する民間資格。

ITパスポートは国内向きの国家資格で、MOSは全世界で共通するグローバル資格です。自分が日本もしくは世界に活躍の場を求めるのか、目標に合う資格を選んで取得を目指しましょう。

経理事務→簿記1級・社会保険労務士

世間からの評価は簿記1級のほうが高く見られることもありますが、簿記1級はただの経理業務をこなすのなら必須というわけではありません。この資格は、会計士のようなさらに上の挑戦を想定したもの。

国家資格の中でも、労働や社会保険など人に対するスペシャリストとして仕事を行うのが社会保険労務士。仕事は多岐に渡り、社会保険に関する手続きや労務コンサルタントなど会社にとって心強い存在となるはず。

人事事務→社会保険労務士

中小企業の社会保険手続き代行を行うために必要な資格。労働関係法令、社会保険法令など、人事部として活かせる知識がたくさんあるので、人事部に所属していることから取得を目指す人も多い資格です。

たとえ経理に異動になっても大いに役立ちますし、他社でも役に立つスキルを身に付けるための一環として社会保険労務士の資格取得するのもよいかもしれません。

記事に関するお問い合わせ