無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩んでたって仕方ない!ポジティブになるためのアラサー女性の考え方7つ♡

アラサーになると、仕事での失敗や人間関係の拗れなど、社会で生きていく上で悩みはつきまとうもの。落ち込んでしまうと、何も手につかなかったり辛くて仕方がないなど、どんどん悪い方に考えてしまいがち。今回は、ポジティブ女性に変身するためのポイントをご紹介します。

2017年5月
ライフスタイル

アラサーは考え方の転換期♡

周りからチヤホヤされて過ごしてきた20代前半。また、仕事を頑張ったり友達と楽しく有意義に過ごして来られた方もきっと多いはず。

しかし、アラサー世代に突入すると仕事や恋愛、結婚など環境が変わって若さだけではなかなか乗り越えられない壁が出てきます。30代を幸せに過ごすためにもポジティブな考え方を身に着けて乗り越えていきましょう!

人生を変える!ポジティブ思考のコツ

1. 言葉を「意識して」使う

自分の気の合う人とだけ付き合えば良かった学生時代と違って、社会に出ると苦手な人や年の離れた人との付き合いが必須になってきますよね。人とのコミュニケーションが上手な人は、自然と幸せが引き寄せられるもの。

だからといって、すべてポジティブな言葉に変えるのは至難の業でもあります。そんな方にオススメなのが、意識して言葉を使うという方法。例えば、挨拶であればポジティブなワードを一つ盛り込むといった感じです。

普段「おはようございます」のところを「おはようございます!今日いつもと雰囲気違いますね」という様に、褒め言葉を伝えて積み重ねていくと周囲にポジティブが波及して、あなたにも幸せのお返しがやってきます。

2. お金に対して感謝する

あなたは、お給料をもらう時「仕事をしているんだからもらって当然」と思っていませんか?確かに、働くことは楽しいことばかりではありません。しかし、やらされているだけの仕事しかしない人に魅力は感じないもの。

例えば、服を買う時、自分に似合うのか、ブランド物であるかで支払う額は変動すると思います。会社からすると、あなたもその様に見られています。つまり、あなたをブランド化するように確立すれば良いわけです。

働いて給料を得る時は「いい仕事をしたから、結果として給料をもらっているんだ」と考え方を変えてみれば、あなたの仕事に対する姿勢も自ずと変わってくるはず。

3. 年齢よりマイナス5歳を目指す

年齢ばかり気にすると、ファッションなども「もう若くないから、着れないな」などと諦めが入りがち。若作りをオススメしているのではありません。「若くない」と思い込むと年齢以上に老け込んでしまい危険なのです。

記事に関するお問い合わせ