無料の会員登録をすると
お気に入りができます

この素朴さがツボ♡ジャムで描く「#トーストアート」が可愛すぎ

最近は食パンの食べ方がオシャレになってきましたね。SNSを見ていても、フォトジェニックなアレンジがいっぱいです。その中で、最近見かけるようになったのがトーストアート。アートといっても、これまでにない、究極の簡単レシピなんです。

2017年5月
レシピ

これが「トーストアート」

「アート」と名が付くので難しそうなイメージがありますが、極端な話「描く」作業はありません。使う材料はジャム。このジャムをポトポトと落としてアートを仕上げます。

Media?size=l
instagram.com

手の込んだアートではありません。でも、その無造作に落としたジャムから生まれる、シンプルで素朴なアートが妙に可愛いと話題に。

mune__hiro

小さなお子さんも大喜び、朝から撮影会が始まる勢いですよ。気になりますよね?アイデア満載の「トーストアート」、さっそくご紹介していきましょう。

まだまだ進化が止まらない!「チェックトースト」アレンジが楽しすぎる♡

見た目がオシャレ!と昨年話題になった「チェックトースト」をご存じでしょうか。すでに実食済み、そんな人も多いかもしれませんね。この「チェックトースト」がどんどん進化していて目が離せないんです!
1321

基本はイチゴから

用意するモノは
・食パン
・ヨーグルト(クリームチーズでも)
・イチゴジャム
この3つだけ。
よりリアルに仕上げるために、ヘタとなる緑の食材(ピスタチオや青野菜)と白ゴマがあると完璧!

Media?size=l
instagram.com

材料が揃えば、あとは順番に乗せていくだけ。ジャムが歪んでも気にしない。逆にその歪みが可愛かったりするのです。ジャムを多めにポッテリ乗せれば、プルンと可愛い質感のイチゴちゃんに仕上がりますよ。

Media?size=l
instagram.com

手順は動画でチェック!

いろんなアレンジが楽しい♡

さくらんぼ

Media?size=l
instagram.com

イチゴと同じ材料でさくらんぼも描けます。できるだけまん丸になるように2つ並べてポトポトとジャムを落とします。2つの丸がくっついてしまわない、そして離れすぎない絶妙な距離感がポイントになりますよ。

リンゴ

Media?size=l
instagram.com

さらに、赤い色のジャムでリンゴも描けます。リンゴの場合は、いくつか断面を見せると可愛いですよ。種は黒ゴマ、葉っぱはカボチャの種で再現しています。

青リンゴ

Media?size=l
instagram.com

ジャムの色を変えれば青リンゴにも。こちらは、メロンパントーストを作る用のスプレッドを使用、ツヤを出すためにキウイジャムでコーティングを。断面の色はカスタードクリームですよ。絶妙な色加減が素晴らしい!

ペアー(洋なし)

Media?size=l
instagram.com

青リンゴが再現できるなら、ひょうたん型に変えることでペアー(洋なし)だって描けます。ひょうたん型を描くのは少し慎重に。スプーンの背を使って、クルクルと大きさを調整しながら円を描きます。

オレンジ

Media?size=l
instagram.com

爽やかなオレンジはオレンシマーマレードで再現。オレンジピールの存在で、いい具合に濃淡がつくので絵画のような仕上がりになりますよ。

ぶどう

Media?size=l
instagram.com

ブルーベリーのジャムがあるなら、その実を使ってぶどうを描いてみませんか?並べるだけなのでイチゴよりも簡単ですよ。

Media?size=l
instagram.com

円を描いた後、先っぽをチョンと尖らせれば桃が完成!ピーチメルバのジャムで色も桃そのものを表現できます。イチジクのジャムでも代用できそうですよ。

レモン

Media?size=l
instagram.com

ジャムではないのですが、レモンカード使ってレモンを描いています。ホワイトチョコを使って再現した輪切りも可愛いですよね。葉っぱにはミントを使っているので見た目も食べても爽やかなトーストに仕上がりました。

キウイ

Media?size=l
instagram.com

キウイの産毛が憎いほど可愛いアート。こちらはピーナッツクリームに砕いたコーンフレークで再現してありますよ。断面もキウイそのもの。黒ゴマを並べるのに根気が入りますが、仕上がりに感動すること間違いなし!

バナナ

Media?size=l
instagram.com

ジャムは使わないのですが、あまりに可愛いデザインなのでご紹介を。カスタードクリームを並べたらバナナに!絶妙なカーブ具合がポイントです。黒い部分はチョコレートの欠片ですって。ナイスアイデア!

Media?size=l
instagram.com

他にも、パイナップルやアボカドなど、アイデア次第でいろいろなフルーツを描くことができます。あなたは何を描きますか?

果物でなくても◎

スイカ

Media?size=l
instagram.com

なんと、キュウリ+いちごジャムという斬新な組み合わせ。見た目だけでしょう?と思うかもしれませんが、キュウリの瑞々しさが意外にジャムとマッチするから驚きです。夏の朝食に、楽しそうですね。

Media?size=l
instagram.com

こちらのすいかはカット前の丸いタイプ。ジャムではなく、抹茶クリームと黒ゴマペーストで描いています。見た目に特徴のあるモノは描きやすいのでオススメですよ。

三色団子

Media?size=l
instagram.com

ジャムを小さく落としてお団子風に。ランダムに並べるよりも規則正しく同じ方向に向けて描けばスタイリッシュな可愛さになりますね。

Media?size=l
instagram.com

ヨーグルト(クリームチーズ)を全面に塗らず、目玉焼き風に仕上げたらこんなに可愛いトーストに。本物の目玉焼きトーストに負けない美味しさですよ。

Media?size=l
instagram.com

アンズジャムで再現すれば、ニンジンが苦手なお子さんも大喜び。こっそり、本物のニンジンで作ったジャムを使っても、可愛さのあまりバレずに食べてくれそうですね。

エビフライ

Media?size=l
instagram.com

思わず笑ってしまうほど可愛いエビフライ。冷凍したスポンジを削ってフライの衣を再現してるんだとか。ナイスアイデア!しっぽはラズベリージャムを使ってますよ。お箸を一緒にセッティングするワザもユニークです。

食べ物意外のアートも可愛い♡

Media?size=l
instagram.com

いろいろな色のジャムをポトポトと落とすだけ。ホワホワと優しい印象のバルーンが描けます。これならお子さんも一緒にアートを楽しめそうですね。

Media?size=l
instagram.com

食パンに塗るヨーグルトにイチゴのピューレを混ぜてピンク色に。とても可愛い色合いですよね。そう、キャンバスとなるヨーグルト(クリームチーズ)は真っ白でなくても良いのです。バリエーションが広がりますね。

Media?size=l
instagram.com

ヨーグルト(クリームチーズ)がなくてもOK!直接ジャムを食パンに落としてしまいましょう。大好きなキャラクターを描いても楽しいですよ。エルモの鼻はマーブルチョコで再現しています。

Media?size=l
instagram.com

ここまでくると、芸術作品のよう!使うジャムはドット柄のみ。あとはフルーツでセンス良く盛り付けます。イチゴひとつで一羽の蝶を表現できるアイデア、ぜひ真似したいですよね♡

SNSでのpost急増中♡「#ハニーマヨトースト」が病みつきになるってウワサ

「だまされたと思って食べてみて!」と言われ、試しに食べたら本当に美味しい♡と話題沸騰中の「ハニーマヨトースト」。ご存知でしょうか。今、SNSでもものすごい勢いでpostが増えているんです。
746

朝から楽しくいただきます♡

無造作に落としたジャムでも可愛くアートになる「トーストアート」。作るたびに仕上がりが違うのも面白さの醍醐味で、朝から笑顔になること間違いなし!

Media?size=l
instagram.com

この美味しさと楽しさに。ぜひハマってみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ