無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ローソン、ファミマ、セブン]あなたはどれがタイプ?「食パン」7種食べ比べ

グルメ

進化し続けるコンビニのパン。続々と新商品が登場する菓子パンや惣菜パンはもちろん、ロールパンや食パンなどの食事パンも年々レベルアップしています。その中でも特に気になるのが、コンビニ各社がプライベートブランドで展開している食パン。そこで今回はローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンの食パン7種を食べ比べてしてみました!

価格:¥108(税込、6枚入り)
製造:神戸屋
原材料名:小麦粉、果糖ぶどう糖液糖、ショートニング、パン酵母、食塩、発酵風味料、乳等を主要原料とする食品

オーソドックスな食パンが食べたいなら、こちら。やわらかさ、甘み、酸味、すべてが平均といったところですが、その分バランスが◎。シンプルなので、バターやジャムの味を引き立ててくれますよ。

セブン-イレブン しっとり食パン

価格:¥108(税込、6枚入り)
製造:武蔵野フーズ
原材料名:小麦粉、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、マーガリン、パン酵母、食塩、発酵風味料

ファミリーマートの「小麦香るしっとりとした食パン」同様にオーソドックスですが、“低温長時間発酵”によるしっとり感とトーストしたときの味わい深さは、108円(税込)とは思えないクオリティ。味、お値段ともに普段用の食パンとして申し分ありません。

セブン-イレブン ミミまでおいしい セブンブレッド

価格:¥149(税込、6枚・5枚・8枚入り)、¥95(税込、3枚入り)
製造:武蔵野フーズ
原材料名:小麦粉(国内製造)、砂糖、食用調合油(なたね油、オリーブ油)、食塩、パン酵母、発酵種、バター、小麦ふすま

ネーミングに偽りなしの、ミミがおいしすぎる食パンです。他の食パンはミミに酸味が集まりがちですが、こちらはミミが内側と同じくらい甘く、小さな子どもでもぱくぱく食べられるほどやわらかい!

しかも、トーストしてもその食べやすさは健在。普通は焼けば焼くほど固くなるミミが、サックサクなんです。もちろん内側も、しっとりふんわりと優しい口当たりがとってもおいしいですよ。

セブン-イレブン 金の食パン

価格:¥297(税込、厚切り4枚入り)、¥159(税込、2枚入り)
製造:武蔵野フーズ
原材料名:小麦粉、砂糖、クリーム(乳製品)、バター、発酵種、脱脂粉乳、食塩、パン酵母、小麦たん白

最後は、かねてより「高級食パン並!」とそのおいしさが語り継がれているこちら。筆者は7種の中でもこの食パンが一番好きでした。

ずっしりしっとりとした食感を最大限に味わえる厚さと、クリームとバターによるミルキー感が絶妙なコンビネーション。トーストするとさっくりもちっとした食感に変化し、何も塗っていないのに、バターの風味がお口の中でじゅわっと広がります。

他と比べると圧倒的にお値段が高いですが、行列のできるあの食パン店よりはお買い得です! 今すぐにおいしい食パンが食べたいときに、ぜひ。

コンビニの食パンはコスパが抜群

気になる食パンはありましたか? 筆者は今回レビューをするまで、どういうわけかコンビニの食パンには“割高”なイメージを持っていたため、いつもスーパーで購入していたんです。ですがきちんと向き合ってみると、そのコスパの良さに衝撃を受けました。コンビニ食パン、あなどれませんよ!

※レビューはすべて個人の感想です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ