無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ローソン、ファミマ、セブン]あなたはどれがタイプ?「食パン」7種食べ比べ

進化し続けるコンビニのパン。続々と新商品が登場する菓子パンや惣菜パンはもちろん、ロールパンや食パンなどの食事パンも年々レベルアップしています。その中でも特に気になるのが、コンビニ各社がプライベートブランドで展開している食パン。そこで今回はローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンの食パン7種を食べ比べてしてみました!

グルメ

各社とも最低2種の食パンを展開

ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンの食パンに共通するのは、各社とも1斤あたり108円(税込)と149円(税込)の2種を展開していること。なんとなくお値段の違いで選びがちですが、実際のお味はどうなのでしょう……? そこで今回は、シンプルにそのまま食べたときの味や食感の特徴をまとめました。

ローソン 味わいの食パン

価格:¥108(税込、6枚入り)
製造:山崎製パン
原材料名:小麦粉、糖類、マーガリン、パン酵母、食塩、脱脂粉乳/乳化剤、酢酸Na、イーストフード、V.C

今回の7種の中で、最もハードボイルドだったのがこちら。噛みごたえが一番強く、酸味も強めで、トーストすると小麦感を強く感じました。そのまま食べるよりも、チーズや卵をのせてトーストするお食事パンに向いています。

ローソン 毎朝の食パン

価格:¥149(税込、6枚・8枚入り)
製造:山崎製パン
原材料名:小麦粉(国内製造)、糖類、マーガリン、パン酵母、食塩、発酵種、脱脂粉乳、植物油脂、醸造酢/乳化剤、イーストフード、V.C

一方、最も“もっちり感”が強かったのがこの「毎朝の食パン」。まず驚いたのが、触れたときの“とろっ”とした感触。その心地よすぎる柔らかさに圧倒されつつ一口食べると、しっとりとやわらかい食感のあとに、もちもちとした弾力がやってきました。まずはそのままで食べてもらいたい逸品です。

余談ですが、ローソンの食パン2種には、ひとつだけ気になる点が。パッケージをよくご覧ください。

おわかりでしょうか……? 商品名を表す英語、ハングル、中国語の表記が、どちらも全く同じなんです……! お値段が約40円違うので、外国人のご友人にはぜひご忠告ください!

ファミリーマート ほんのり甘くてやわらかい食パン

価格:¥149(税込、5枚・6枚入り)、¥95(税込、3枚入り)
製造:山崎製パン
原材料名:小麦粉(国内製造)、糖類、マーガリン、パン酵母、食塩、もち米粉、発酵種、脱脂粉乳、植物油脂、醸造酢/乳化剤、イーストフード、V.C

実は、先ほどご紹介したローソンの「毎朝の食パン」(同じく山崎製パン)と原材料がほとんど一緒。ですが、こちらにはもち米粉が入っているので、わずかながら食感に違いがあります。特にトーストしたとき、ローソンのほうがさっくりとしていたのに比べ、こちらは噛みごたえがありました。なお、そのまま食べたときの“もっちり感”は、ほぼ同じです。

ファミリーマート 小麦香るしっとりとした食パン

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ