無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その恋、幻想じゃない?しっくりこない恋愛の見定め方

相手のことは好きだけど、なんだか「しっくりこない」恋愛をしていませんか?相手に合わせすぎている自分に疲れていませんか?実は相性が合わないのに合うふりをしていてもあなたがつらいだけ。そんな「しっくりこない」恋愛の見極め方を学びましょう。

2017年5月
恋愛・結婚

好きな人との恋愛なのに「しっくりこない」

本当は相性が合わないのかも

好きな人ができると盛り上がりすぎて、無意識に相手に合わせて自分を見失うことがありませんか?相手と話していても笑いのツボが違ったり、不自然なリアクションのせいで後でどっと疲れてる自分がいた、などなど。

相手のことは好きだけど、いわゆる「相性が合わない」ことに気づくことがあります。そんなしっくりこない恋愛の見定め方として、相性が合っていないポイントをチェックしてみましょう。

相手の発言や行動に“違和感”

ちょっとしたことに価値観の違いは出る

食べ方が苦手、発言や連絡頻度が多いor少ない、言い方がきつい…など、別れを考えるほどではないけれど、なんとなく相手に「違和感」を抱いてしまっていませんか。

違和感の正体は、発言や行動の節々に感じる“価値観の違い”です。イラッとしたり、「どうしてそんなこと言うorするんだろう」と思ったり、「嫌だな」と戸惑ったり…は相性の悪さだと認識しましょう。

沈黙の時間が気まずい

次の話題を探そうと必死になってない?

彼との沈黙の時間が気まずくて、次の話題を探さなきゃと必死になっていませんか?相性が良い人となら会話が弾むのはもちろん、黙っている間も穏やかに過ごせます。

付き合い始めは沈黙が嫌だということもありますが、付き合ってしばらくしているなら慣れてくるはず。それができないのは、しっくりこない恋愛だからかもしれません。

気を遣って言葉を慎重に選んでいる

一人になるとどっと疲れる

彼と会話するときに、気分を害さないように慎重に言葉を選んでいませんか?たしかに、相手を傷つけたり、怒らせたりしないように、最低限のマナーは心得ているべきです。

しかし、あまりにも神経質になっているのは、会話を「合わせよう」としているからかも。会話をしなくても良い時間が楽だったり、一人になるとどっと疲れている自分に気づくのは、しっくりきていない証拠です。

気づくと彼に合わせている

あなたの意思はどこに?

「こういう女性になって」と彼の言われるがままの女性を目指したり、食事に行くと彼が食べたいものばかり頼んだり、テレビのチャンネル権はいつも彼だったり…気づくと彼に合わせてばかりいませんか?

「好きだから」と頑張っていると、自分がない人になってしまい、いつか強制されることにうんざりしてしまうことに…。本当に大切な人なら、あなたの意思も尊重してくれます。

「いつか変わってくれる」と、こっそり期待

思うだけでは変わらない

彼の変化を密かに期待してはいませんか。「考え方を変えてくれたら」「癖を直してくれたら」など。彼と相性が合っていないからこそ、「変わってほしい」と思ってしまうのです。

しかし、思うだけでは変わりません。あなたが不満や不安を感じたら彼に告げるべきですし、そこから関係を改善したり、相性を合わせていくことも必要なのです。

一緒にいる時間が長く感じる

心の底では「退屈」だと気づいている

楽しい時間というのは速く過ぎ去ります。逆に退屈な時間は「まだ終わらないのか」と思うほど長く感じます。つまり、彼と一緒にいる時間が長いと感じてしまうのは、心の底では「退屈」だと気づいているからなのです。

でも好きだからと気づかないふりをしているだけ。自分の心に嘘をついてもあとから苦しくなるだけです。「好き」という感情と相性が一致しないことを、認めることも必要なのです。

ドキドキやときめきがない

それを超えた安心感もない

付き合った当初はあったドキドキやときめきがなくなってはいませんか?それを乗り越えて、彼と一緒にいると楽しい、一緒にいると安心する、と言った居心地の良さも感じられないならアウト。

ただ一緒にいるだけでも幸せを感じられるなら良いのですが、逆にイライラしたり不満がたまってしまうなら、それは別れを考えるときなのかもしれません。

スキンシップでもフィット感がない

本能的に「合わない」のかも

彼のことは好きだけど、キスをしたり、抱き合ったりしたときに、肌の感触が「合わない」と感じてしまっていませんか?それは匂いやフィット感と言った、本能的なレベルで相性が合っていないのかもしれません。

これはどうにもならないことで、気持ちでなんとかつなげようとしても、いつのまにか「生理的に無理」になってしまうこともあります。細胞レベルで恋をしないと継続は難しいのかも?

「しっくりくる」恋愛を目指して

全ての相性が合うという人はなかなかいません。好きな人であれば、お互いに歩み寄ることで、相性が合っていくこともあります。それができる人があなたと相性が良いということ。

「しっくりくる」恋愛になれるよう、「しっくりこない」恋愛を見直してみませんか。

記事に関するお問い合わせ