無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上司や目上の人に「頑張ってください」と言わない方がいい理由

ライフスタイル

上司や目上の人に「頑張ってください」という言葉を使うのはちょっと違う気がする。そう感じている人も多いのではないでしょうか。では、目上の人を応援したい時、どんな言葉を使うと良いのか? 今回は、ライティングコーチの前田めぐるさんに、「頑張ってください」の言い換え表現を教えてもらいました。

(5)お大事になさってください

例えば、上司が入院している場合。

「ご回復に向けて頑張ってください」よりも「お大事になさってください」の方がいいでしょう。

・どうぞお大事になさってください。一日も早いご回復を願っております。

・くれぐれもお大事にお過ごしください。お帰りになる日まで、みんなで協力して頑張ります。

対面では、笑顔で話したり、ガッツポーズをしたりと、言葉以外の要素を加えることができます。

ところが、メールで書く場合は相手の顔が見えません。言葉だけが頼りです。

上記のように祝福や応援の気持ち、より良い未来への希望を感じさせるような表現で、プラスのイメージを伝えたいですね。

ふさわしい使い方を知り「心のこもったメッセージ」を

私自身は、目上目下関係なく、「頑張ってください」と言われたら「ありがとうございます。頑張ります」と元気に答えたいと思っています。

「頑張って」が本当に必要な場面で使われて、相手の気持ちをパッと明るくできればいいですよね。

そのためにも、ビジネスシーンでのふさわしい使い方を知り、心のこもったメッセージを届けられるように日頃から心掛けたいものです。

(前田めぐる)

※画像はイメージです

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ