無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上手な「マニッシュコーデ」のコツ

ファッション

マニッシュの意味を知っていますか? マニッシュファッションとはどういったものなのでしょう。メンズライクやマスキュリン、ボーイッシュといったものとは何が違うのでしょうか。ファッションライターの弓削桃代さんに詳しく解説してもらいました。

(5)マニッシュシューズ(おじ靴)で完成

ローファーやレースアップシューズなどのおじ靴を投入することで、マニッシュ感が底上げされます。

特にローファーは、パンツでもスカートでも合わせやすく、1足あると重宝するはず。

男性が履くイメージのあるレースアップシューズを女性が履くことにより、アンバランスな魅力を出し、マニッシュコーデが完成します。

マニッシュコーデを上手に作るコツ

続いて、上記アイテムなどを使ったマニッシュコーデの上手な作り方を紹介します。

(1)どこかにヌケを作って華奢さを演出

マニッシュコーデは、男性らしいアイテムを使うことにより、女性らしさを際立たせるコーディネート。

シャツを使うなら袖をロールアップして手首を見せたり、足元も素足にローファーを履いたりして、少しヌケを作ると華奢見えして、いいバランスになります。

(2)色をあまり使わずシックにまとめる

男性的なイメージを持たせるために、色味はモノトーンだったりシックなカラーでまとめると雰囲気が出ます。

白や黒などは他のアイテムとも合わせやすく、かっちり感が出るのでおすすめ。

ただし、オフィス感が出やすいのでサイズをゆったりしたものにするなど工夫が必要です。

アイテム選びで迷ったらあまり派手過ぎない色をチョイスするのがマニッシュコーデのカギです。

(3)紳士的なファッション小物を率先して取り入れる

例えば、手持ち服であまりマニッシュなものが無い場合でも、紳士的な雰囲気が漂う小物をいくつか取り入れるだけマニッシュコーデに近づきます。

レザーベルトのカッコイイ腕時計や、サッチェルバッグなどで、クラシカルなムードを投入するのがコツ。

また、サスペンダーもマニッシュファッションのキーアイテム。デニムなどのデイリー服にも合わせやすいのがうれしいポイントです。

マニッシュファッションで女性らしさを演出しよう

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ