無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレを話すとレスが遅い…「女性を大事にしない男」の見分け方 #80

恋愛・結婚

何かに夢中な男性って、すごく魅力的ですよね。でも、何かに夢中がゆえに、あなたのことを全く大事にしていないどころか、労力を搾取してくる男性っていませんか?実は「何かに夢中な男」と「女性を大事にしない男」は根本的に違う部分があるんです。

「今忙しいから、後でしっかり返そうと思った」という言い分もあるかもしれませんが、そう思っているなら、後でホントにしっかり返しているはずです(笑)。少なくともあなたのことを人として大事にしていたら、その時できる誠意をするだろうし、それがいわゆるフォーマットに即していなくても、あなたは気持ちを感じられるでしょう。なんとなく欠けているなと思うなら、きっと彼はあなたを大事にしたいとは思っていないのです。

相手からしてもらいっぱなし

例えば彼はあなたから何かしてもらったとき「ありがとう」と言葉を発していますか? 予定をあわせてくれたとき、あなたが彼のために尽くしたとき、話を聞いてくれたとき、などなど。

きちんと感謝が返ってくる感覚があったでしょうか。大事にしない男性の傾向として、親しい人に何かしてもらったときほど「感謝」を返さない傾向があります。一言で言えば相手の中にあなたへの「甘え」があるのです。でも同時に、根底には「大事にされたい」という切望感の強さもあるのかもしれません。

でも、人間関係のバランスとして考えたとき、この「片方が与えて、片方が一方的に受け取って終わり」の関係性で恋愛を続けると、尽くす側はあっという間に疲れ果ててしまいます。だからこそ恋愛はお互い好き同士なのはもちろん「大事にしあう」ことができる関係性であることが重要なのです。

今回は「女性を大事にしない男」について、いわゆるエネルギッシュないい男との違いをご紹介していきました。また、この女性を大事にしない男も、年齢を重ねたり、相手を変えたりすることで、全く違うタイプの素敵な男性に変わることもあります。だからこそ、女性側は今変わることを期待しがちなのですが、実際はあまり変わることは期待しないほうが得策です。

まずは最初の一歩として、今日ご紹介した2つのポイントが彼にないか、彼はあなたや周りからエネルギーを搾取していないか、少し考えてみましょう。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。

©SrdjanPav/Gettyimages
©Hill Street Studios/Gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ