無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お菓子の袋が役に立つ!?キッチンの生ごみのニオイ対策

ライフスタイル

気温が上がってくると気になるのが生ごみのにおいです。不快なにおいがキッチンが広がるのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

暮らしスタイリストとして料理を始め家事全般の情報を日々発信されている河野真希さんに、夏の生ごみの処理方法について伺いました。

対策1:生ごみを濡らさない

www.gettyimages.com

生ごみがニオう原因は、水分と温度にあります。水分が多く含まれた食品に夏の暑さが加わると、雑菌の繁殖が一気に進み、嫌なニオイが広がります。できるだけ濡らさず、水分を切ってから保管すれば、ニオいにくくなります。

野菜を使うときには、皮を剥いてから洗うようにしたり、水がかかりやすいシンク内に三角コーナーやゴミ袋を置くのをやめるなど、できるだけ生ごみが水に触れないように気をつけましょう。

野菜の切りくずや魚の内臓、卵の殻など水気のある食材は、消臭効果や吸水性がある新聞紙で包んで水気を取ってから捨てるのも効果的。また、排水口には水切りネットをつけ、水気をよく絞ってから捨てるようにします。排水口にごみを長時間置くと、ぬめりやニオイが出てきてしまうので、夏場は調理の都度片づけましょう。

対策2:お菓子の袋、牛乳パックに入れて捨てる

www.gettyimages.com

収集日までは生ごみを袋に入れてゴミ箱に保管しておくことが多いですが、一般的なポリ袋やレジ袋ではニオイが漏れてきてしまうことがあります。おすすめはスナック菓子などの入っている袋。密閉性が高く、しっかりと口を閉じれば、ほとんどニオイが漏れません。

水気の多いごみが出てしまった場合には、牛乳パックに入れると、水気もニオイも漏れにくく、そのまま可燃ごみとして捨てられます。牛乳パックの口はガムテープなどでしっかりと封をしておくと、安心です。

また、防臭力を高めたポリ袋も市販されています。一般的なビニール袋と違い、ニオイが漏れにくいので、生ごみだけでなく、おむつやペットのトイレの処理などにも使用可能。

なお、一般的なポリ袋やレジ袋を使うときには、二重もしくは三重にすることで、ニオイが漏れにくくなります。

対策3:除菌消臭スプレーを使う

www.gettyimages.com

生ごみのニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑えるために、除菌消臭スプレーを使うのも効果的です。生ごみを入れた袋の口を閉じる前に、キッチン用の除菌消臭スプレーやアルコール除菌スプレーを吹きつけることで、菌の繁殖が抑えられます。

また、クエン酸やお酢にも除菌効果があります。クエン酸を水に溶かしたものをスプレーしたり、新聞紙やキッチンペーパーにお酢を含ませたものを生ごみと一緒に入れておきましょう。

さらにもうひとつ気をつけておきたいのは、生ごみを保管しておくゴミ箱。気づかないうちにごみが落ちたり、水分が漏れて、雑菌が繁殖し、ニオイを発していることがあります。ごみを入れる前に洗ったり、除菌をして、清潔に保ちましょう。

長期間保管は冷凍する

www.gettyimages.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ