無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“お腹のはみ肉”SOS!1日1分の「サイドプランク」だけで激変♡

パンツの上にのってしまうような“お腹のはみ肉”をどうにかしたいなら、サイドプランクがおすすめです!お腹の横部分にある「腹斜筋」を刺激することで、効果的にお腹周りを引き締めていきます。まずは1日1分からでOKです!それだけでも大きな変化が得られますよ♡

2017年5月
美容

お腹痩せに「サイドプランク」が効く!

お腹の横にある「腹斜筋」をしっかり刺激することのできるサイドプランクはお腹の引き締めにうってつけのメソッドです。最近お腹のお肉が洋服からはみ出る、たるみが気になるという方には、特におすすめ!

道具が不要なことはもちろん、どこでもできる簡単な動きなのも魅力です。1日1分行うだけでも、続けることで確実に嬉しい変化を感じることができますよ。

腹斜筋って何?

「腹斜筋」は身体の軸となる体幹の筋肉の一つです。主に身体を真横に倒したり、大きくひねったりするときに使われます。

スポーツなどをしていれば別ですが、普段の生活ではあまり使われることがなく衰えやすい部分なんです。

腹斜筋を鍛えるメリット♡

ここが弱ってしまうと、お腹回りのだらしない贅肉が目立つようになります。反対に、しっかり引き締めればそれだけでウエストが数センチ細くなりますよ!動きにしなやかさも生まれます。

モデルさんなどのお腹に見られる、縦に左右に入った2本線も腹斜筋によって作られるもの。美シルエットを目指すためにも、鍛えておきたい部分なのです。

さらに体幹がしっかりするので、姿勢が良くなります!すると骨盤が安定することで、内臓の位置が整い、代謝も上がります。まさに良いことづくしですね。

基本のサイドプランク

まずは基本のサイドプランクから始めましょう。しっかり効果を得るためには、正しいフォームで行うことが大切です。

サイドを向き、下の手の平で床を押さえ、反対の手は天井へ向けます。足は重ねて置きます。腰が落ちないように意識をして、肩・腰・くるぶしが一直線上に来るようにしましょう。目線は前、もしくは天井へ。

このまま30秒キープを目指しましょう。反対側も同様に行います。

記事に関するお問い合わせ